以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

道産子

本日2つ目。

GLAYのライヴに行ってきました。ドームツアー初日の札幌ドーム。
その前にラーメン食べました。五丈原。
地元なのに行ったことがなく、なぜか東京人に連れられたり(笑)。
住所を聞いて地元民として一応先導しましたが。
とんこつベースだけどくどくなくておいしかったです。体が暖まって生き返った。
久しぶりに味噌を頼んでみた。基本的にラーメンは醤油派。
出身地によってラーメンのこだわりが出ますね。
次はゴッチお勧めのラーメン屋に行きたいですね。晴一君も行ったらしいですが。昭仁君もサインの続きを書きに行ってください(笑)。

さまざまなトラブルがありつつも何とか札幌ドームに到着。
札幌ドームに行くのは3年ぶりくらいかも。札幌ドーム会員なのに(笑)。
Gーコさんも言っていたけど、Mさん、Dちゃんなんて目じゃないくらいの方向感覚ですね(^_^;)
自分も方向音痴だと思ってますがちょっと自信がつきました。ひとり旅できるから(笑)。

座席に着く前に先にパンフを買おうと思ったけど、並んでいる人が多くて一応開演時間も迫っていたので諦める。
なのに30分以上押して開演。最近は開演時間ぴったりにはじまると聞いていたので「えっ?」と思いました。
初日だからかなあ。
座席はアリーナD7でTERUとTAKUROの間で限りなくTERU寄りでした。
あとでアリーナBのTAKURO側だったGーコさんの話だと、上手すぎて下手のJIROちゃんが遠く感じた(JIROちゃんファンなのに泣)、私のほうがセンターだったので後方でもよく見えたはずとのこと。
確かに花道に来てくれると近かったです。TERUは終始よく見えました。

ステージは白い幕で覆われて隠されていて、オープニングはそこに雪景色と今までのGLAYのライヴ映像を年代別に映していました。
ファンじゃなくてもゾクゾクしました。映像側のファンの声援を強調していて、ワクワク感も煽っていて。
で、幕が開いて曲がはじまったのですが、結構感動しました。
オープニング曲はホワイトロードで両サイドのまだ閉まっている幕に雪景色の森の映像等が映されていて。
富良野の病気療養中の親戚や子どもの頃に遊んだ雪山を思い出してちょっと郷愁にかられました。
さすが北海道出身(笑)。他の地域の(特に雪になじみのない)人だとちょっと感想が違うかもしれない。
ステージセットはさすがにGLAY、ドーム。派手でした。モニターが見やすくてどの座席の人も楽しめたと思う。
曲はシングル曲中心で初心者も入り込みやすかったのでは。アルバム曲好きなコアなファンには物足りなかったかもしれないけど、私は助かりました(^^ゞ

途中でサポートキーボディストの紹介。
モニターに顔が映し出されて「あれっ?」と思い、TERUが「斎藤有太さん!」と言ったときにひとりで反応しまくりでした(笑)。周りは「誰?」状態。
民生のライヴでよく見ました。ちょっと懐かしかった。
同様に、途中でステージ上部のモニターが回転してストリングスが現れて、TERUが「指揮、溝口肇さん!」と言ったときも「えっ、こんなところで溝口肇が見られるとは思わなかった!」とひとりだけ興奮しまくり(笑)。
てか、チェロは?指揮者だっけ?なんて思ったり。
生の弦の音はいいですねー。時の雫、良かったです。

アンコール前にそれまで着ていた赤チェックのシャツを脱いで白いTシャツに。
北海道ローカルラジオ番組で「ホワイトロードツアーのアンコールで白い服を着て札幌ドーム(ホワイトドーム)を白く染めよう」という企画があったらしいので。
その番組は聴いていないけど、AIR-G'メールに載っていたので素直に従ってみた(笑)。
そこそこ白かったかなあ?私の周りは知らない人が多そうで、わりとカラフルでした(^_^;)
むしろスタンドのほうが白かったかも。
結局TERUのMCも私には「白いね」と言いたいのか「思ったより白くないね」と言いたいのかよくわかりませんでした。
てか彼のMCは天然が入っているのでたまに不思議ちゃんですが(笑)。
ま、この企画も一応メンバーを驚かせるというものらしいので知らなかったはずなのですが。
花道先端でアコースティック演奏というのは定番っぽいですね。
何曲か演奏してまたメインステージに行きました。

で、acidなんちゃらって曲(よく知らない笑)のときに一時抜け出しました。
…ライヴ、予想より押しすぎなんだもん!(爆)
20時には終わっていると予想していたのが、その時点で20:30。
この曲は4年前のEXPOで独特のノリがわからなかった曲だというのはイントロでわかったので、チャンスとばかりに思い切って出ました(笑)。
GLAYファンに言わせると、この曲で抜けるのはツワモノらしいですが(^^ゞ
まず札幌組に状況を同報メールしてからグッズ売り場に行く。
以前全然連絡できなくて失敗したからね…。学習した。
売り場はもちろんガラガラで、スタッフに一斉に「いらっしゃいませ!」と言われひるむ(笑)。
パンフだけ買う。一見さんのライヴでもパンフだけは買ういい客(カモ)です(笑)。シュミなので。
で、ずっと行きたかったトイレ(もちろんガラガラ)にも行ってまた座席に戻りました。

結局抜けたのは1曲のみで、漏れて聞こえた音から次は南東風でTERUがあの振り付けを指導しているのがわかりました。
まさか自分がこの振りをすることになるとは思わなかった(^_^;)
ぶっつけ本番だったのでかなり怪しかったです(笑)。でもなんだか楽しかったです。
この曲のときに特効で紙吹雪が飛んできました。かなーりの量が(爆)。
アリーナ後方の私のところまでどんどん降ってきました。
いつも特効に気を取られて失敗しているので、今回は無視して曲を楽しみました。というか振りを合わせるのに必死だった(笑)。
いやあ、ポルノのミュージックアワーなんて楽チンですわ。
でもこういうお約束のノリってファン以外の人はちょっと戸惑いますね。
ミュージックアワーのもこないだのむらっさきツアーで隣だった中学生の女の子たちは初ライヴで知らなかったらしくてそれまで「アキヒト!アキヒト!」と元気に叫んでいたのに固まってましたから(笑)。
センラバでモニターにやり方(?)を映すのはいいことだったのかも。
ラルクもFeeling Fineとか「なんじゃこりゃあ!」でしょうね。
Hこみたいに「自分の好きにしたいからお約束のことをしたくない」というのもわかります。
GLAYで手扇子してません。てかできません。あの動きは私にはないので。
実はポルノで手拍子してません(アゲハ蝶除く)。自分のノリと違って(歌に)集中できなくて。間奏だけはしているけど。

で、エンディングはメンバーが左右を行き来してずっとにこにこ手を挙げてました。
TERUが何度も煽っていたり。
GLAYも長い間声援に応えるバンドですね。
そのあとの映像は事前収録かなあ?各会場ヴァージョンで。よくわからず。

演奏は、プロのヴォーカリストに言うことじゃないけど(笑)歌が上手かったです。EXPOのときも思いましたが。
大きな会場や野外が似合いますね。
歌詞間違えませんね(笑)。私が行くアーティストってどいつもこいつも歌詞飛ぶし(爆)。
あとは、もう少しベースが効いているほうが好みかも。
以前ポルノのライヴでベースがあまり聞こえずアンケートで文句をつけた経緯あり(爆)。
ベースフィーチャーの曲は聴いていてかっこよかった。SHUTTER SPEEDSのテーマ好きです。
こんな感じ。

その後、また札幌組と合流するのにすごーく時間がかかってしまった。
いろんなトラップがあって(苦笑)。
どこのヲタもやることは一緒ですわ。
雪が降ったり止んだり風が強かったりして、東京人にはつらかったかも。
寒くはなくて良かったけど、と言ったら十分寒いと言われたけど。
ま、何とか会えて良かったです。
何げに今年初対面。DVD鑑賞会しなきゃ。

あ、ポップジャム観ていない。けど寝る。
てか、なげーな。
[PR]
by szkhkty | 2005-02-05 23:59 | ライヴ