以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

そういえば雨バンド

久しぶりにペニーレーン24に行きました。
1年前も今回もトライセラ。

寒い。5月なのに6度かよ(爆)。
でも雨が降らなかっただけマシ。昨日の函館ライヴは大変だったろうなあ。
そういえば、トライセラも雨バンドだった。フェスで雨降らせまくり。
どうして私がライヴに行くバンドは雨バンドが多いのだ?(笑)

楽しかった!(≧▽≦)
やっぱりハコライヴはいい!
…と言ってますが、実はいろいろちょっとしたトラブルもあったりで。
まず、ライヴがはじまってわりと早い頃に歌詞がポッカリ飛んでベースの林君に苦笑いしながら助けを求めてました。
この人が歌詞を間違えるのは本当に珍しいのです。
L'のhとかPGのAとかはしょっちゅう飛ばしてますけどねー(なぜ伏せ字?バレバレだけど笑)。
で、その後も細かいのも含めて3,4回怪しいときがあって。
ずっとライヴに行っているけどこんなのはじめて。

ギターのミスが気になった曲がありました。
ライヴ終盤に突然唱君が機材を気にしだしてスタッフにしきりに合図していたけど改善されなくてやりづらそうでした。
林君とこの機材にもスタッフに目配せして注文をつけたりして。林君にも何やら耳打ち。

…見た感じ、どうも途中から唱君のモニターの調子が悪くなったっぽい。
ヴォーカルの音程が取れていない曲がありました。
そんなわけで、ちょっとナーバスになっている感じもありました。が、林君と吉田さんが察して客を煽ったり、うちらもそれに応えたりして、それはそれで盛り上がりました。

感想としては、ちょっと集中力が途切れていたかなー、と。
やる気がないとか機嫌が悪いとかではまったくなく(いつもどおりにこにこ楽しそうではあった)、テンション(気持ち)とプレイ(演奏)の波が合わなかったという感じかなあ?
そういうのもあるのがライヴですからね。
いつもと違う楽しさがありました。
客のノリは前回の汗ダラダラの電解質まで奪われる感覚はなく、なまった身体にはちょうどいい押し具合でした(笑)。なので思いっきり楽しめました。

友人が「1曲聴きたい曲があったのにやらなかった」と言っていたのですが、そういえばその曲私も聴きたかったよ!と言われて気づいた次第で。
「ラストバラード」が聴けてすっかり忘れてました。
「トライセラのライヴってけっこう選曲が不思議だよね」というのがうちらの意見。

「ラストバラード」の直前のMCも妙だった。
5分以上しゃべって結局言いたいことは「自分に自信が持てるためにこのメンバーでバンドを続けてみんなの前でライヴをしていきたい」ということ?
また悩んでいるのかしら?またバンドの存続の危機なのかしら?(爆)マシンガントークに拍車がかかってますよ。

それにしても、アンコールしてくれてよかった。
機材トラブルがあったからもしかしてないかもと思ったので。
彼らにしては出てくるのが遅かった。
2回目のアンコールはすごくうれしかったけど、途中で「もしかしてこれも予定通りのアンコール?」と思ったり。
どっちにも取れる感じ。うーん。

いろいろあったけど、やっぱりノリがわかっているハコライヴは楽しい!「ROCK MUSIC」良かった!
Nぴーさん情報だとAXライヴにIぴが行くらしい。いつのまに?(笑)
楽しめるといいなあ。

また5日後にアジカンで!(笑)
[PR]
by szkhkty | 2005-05-08 23:39 | ライヴ