以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ばいばい、ラルク

L'Arc〜en〜Cielって何?というくらい韓国・中国ライヴに関してはどうでもいい(爆)。
基本的に薄情なので、自分が行かないライヴには疎くて。
彼らが海外に行っている間、浮気しまくってました。

9日。
改めて、100sのライヴに行きました。
一応最近アルバムを聴き直して耳には馴染んでいました。
わりといいチケ番だったので、番号どおりに入場して即行酒(ドリンク)を調達してCブロック最前のバーをゲットしてまったりしてました。
本当は1段高くなっているFブロックあたりに行きたかったのですが閉鎖されてました。要するに、チケが売れていない、と(爆)。
客層はバラバラでした。老若男女入り乱れ。

10分押しくらいでライヴスタート。
客の反応はそこそこ良かったです。で、最後に中村一義が出てくると大盛り上がり。
ステージ上の配置はセンターに中村君がいて、その周りを5人のバンドメンバーが取り囲む感じ。
中村君はどういうスタイルで出てくるのか興味津々だったのですが、ギター等を持たずにヴォーカルに専念していました。
ギターが2人いるから当たり前ですが。

演奏は、ふつうにバンドサウンドでした。好み。
ドラムがけっこう好みの音でした。
キーボードの人がムードメーカーっぽくて中村君とのMCも面白かったです。
なんか、ふつうに楽屋トークっぽかった。
北海道でライヴをするのははじめてらしい。ソロ含めてという感じに聞こえたのですが、A音ちゃんと「意外だね」と話してました。
もしそうなら昔からのファンは待ちに待ったという感じなのだろうなあ。
ソロからのイメージで想像はしていたのですが、彼の歌に入り込むファンが多かったです。特に女性ファン。
ライヴがはじまって数曲演奏したあとに、すぐうしろから「はあはあ」という荒い息遣いが聞こえてきて「そんなに激しい曲はやっていないけど、飛び跳ねていたのかなあ?」と思っていたのですが、A音ちゃん曰く、感極まって泣いていたらしい(爆)。
そういえば、「ひっくひっく、ぐすっ」というふうに聞こえなくもなかった(笑)。
斜め前の女性は彼を凝視していて捧げ手っぽいこともしていたし。

本編が終わってアンコールする拍手も多くて揃ってました。
メンバーがにこにこしながら出てきて演奏がはじまったのですが、明らかにファンが本編と盛り上がり方というか食い付き方が違いました。
「待ってました!」という感じ。
私はファーストアルバムしか聴いたことがないのですが、もしかしてソロの曲もやったのかな?

数曲演奏してわりとあっさりメンバー退場。や、声援には応えてましたけど。
さらにアンコールの拍手をして再々登場。
アルバム最後のアコースティックな曲をやってからまた数曲演奏。
さらに盛り上がりました。
私はもう曲がわかりませんでしたが(笑)。
中村君はもうにこにこしながら歌ってましたね。楽しそう。
で、最後の曲をしたあとも拍手が鳴りやまず、ステージ上でメンバーが耳打ちしてさらにもう1曲演奏しました。
以前車のCM曲として使われた曲。客も大盛り上がり。
最後の曲は予定外だったのかな?一応用意はしていたけど、その場で決めてやった感じがしましたが。

聴きたかった曲も聴けたし、音も良かった。もう少しヴォーカルが突き抜けてくるかと思ったけど、馴染んでいて心地よかったなあ、と思いつつ、腹ごしらえのためにいつものお店へ。
混んでいたけど、なんとかカウンター2席が空いたのですぐに座れました。
じゃこキャベおいしいね、とか言いながらまったりと食事。
1時間くらいたっていい具合になってきたところで、お店の入り口付近がやや騒がしくなりました。
大勢の男の人の声が聞こえてきて、なんとなくそちらを見ていたら、団体客が入ってきました。
…ん?あの人さっき見た上手側のギターの人っぽいんだけど。
とか思っていたらちょっと背が低くておかっぱっぽい髪型の男性が続いて「あれ、中村一義だよねえ?(爆)」。
そのあとに爆発頭(笑)のキーボードの人が続いて、もう間違いなし。
このあたりで隣のA音ちゃんをつついて「来たよ、メンバー」と耳打ちしました。
メンバーと同じ打ち上げ会場でした(笑)。またかよ!
はじめての北海道だし、イベンターがWESSなので有り得ることではあったのですが。

奥の席に陣取って、「お疲れさまでした、乾杯!」とやっていたとき、こちらもこっそり「乾杯!」(笑)。思わずおかわりしました。
彼らははじめは静かに飲んでいましたが、酔いが回るにつれて陽気になってきました。
大声で笑ったり歌ったり(笑)。
ライヴの話をしていなかった(と思う)のが意外でした。
「大阪は悪いことをした」みたいなことは聞こえましたが。何をしたのだ?(笑)
もう少しいたらもっと面白い場面に遭遇できそうでしたが、地下鉄の最終便の時間も迫ってきたし翌日は倶知安なので帰りました。
お店が忙しかったのでおかみさんとは会話しませんでした。
もし、会計がおかみさんだったら「今日は誰のコンサートに行ってきたの?」と言われていたに違いない。
「えっ、今お店の奥で酔っぱらっている人たちのライヴですけど…」なんて(笑)。
A音ちゃんと「アンケートを書いてその場で渡したら面白そうだよね」と話してました。

うちらは熱心なファンではなくて、ネタができておいしかったくらいにしか思っていないけど、もしあの入り込んでいたファンのコだったらどうだったのかなあ?固まるよね。
[PR]
by szkhkty | 2005-09-12 00:14 | ライヴ