以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ハプニング

10日。
倶知安町へ。「くっちゃん」です。
この町出身のバンド、SPARKS GOGOがデビュー15周年ということで、はじめての地元ライヴ。
町あげてのイベントで、親しいアーティストも多数参加。
奥田民生、真心ブラザーズ、Puffy等。
イベント名は「JUNK! JUNK! JUNK! ∞」。
ジャンクジャンクジャンクジャンクッジャンクッジャンクッチャンクッチャン…
アホだ(笑)。
会場の倶知安町総合体育館の横(芝生あり)には地元名産品を使った屋台も出ていてお祭り気分。
ちなみに、うちらのチケは町民先行でゲットしました(笑)。N姉の同僚が倶知安町民なので取ってもらいました。

倶知安へはレンタカーを借りてドライヴ。
車内にはいつもの札幌組とA音ちゃんの同僚Iさん。かわいらしい方でした。
BGMはTHE BAND HAS NO NAMEのアルバムを何回かリピート。
実はこれが予習になってあとで助かりました(笑)。ライヴをより楽しめたから。

無事に到着して、まずは腹ごしらえ。
全員ジンギスカン丼に私は倶知安ワイン(白)。他はビールだったり羊蹄の湧き水(近隣の京極町は名水で有名)だったり。
芝生でまったりしてからチケをリストバンドに交換してぼーっとしていると見たことがある人を発見。
「M穂だ!来てたの?」とこちらが声をかけると「わざわざここまで来たの?」と訊き返されてしまいました(笑)。
全然連絡を取り合っていないのに、あんなに人がいたのに見つけてしまううちらって(笑)。
わきわきしてから頃合いをみて会場に入ってみました。

前半は若手バンドがいくつか出演。
客はまったり観てました。若干そのバンドのファンもいましたが。
シュノーケルというバンドが「福岡から来ました。半袖しか持ってきませんでした。典型的な失敗をしました」と笑いをとってました。この時期の北海道は朝晩は20度を下回るので上着必須です。
もうすぐメジャーデビューするらしいですが、「物販で地味な3人組(3ピースバンド)がCDを売っているのでぜひ買ってください」と言うと「買ったよ!」という声がして、メガネ君なヴォーカルが「聞いた?買ってくれたんだって。ちょっとうれしくない?」と素でメンバーに話しかけていたのにウケました。
その後、物販で見かけたヴォーカルさんは長袖を着ていたので、どこかから調達できたのでしょう。よかったね(笑)。
前半戦のトリは札幌のTHE HOMESICKSというバンド。
ツンツン頭で目が大きいちびっこなヴォーカルがステージ上でちょこまか動き回って客を煽りまくってました。
ライヴ慣れしていて客を引き込み慣れている感じ。
ちょっとハイロウズというかブルーハーツのヒロトを連想させるコでした(笑)。
そして、その後ベンチで休憩していたときにうちらの隣に来て、A音ちゃんに頼んで仲間と記念写真を撮っていました。
ステージから降りるとふつうですね。

途中で物販を物色。
ライヴのリストバンドが取れないようにグッズのリストバンドを現地調達しようと思っていたので。
どのアーティストのでもよかったのですが、あったのはPuffyとTHE BAND HAS NO NAMEのみ。
前者のはもっとポップなのを想像していたのですが、黒地に白字のよくわからないロゴ(?)が入っていて意外と地味でした。むしろ後者のほうがポップでかわいい。でも2個セットなのでやや高め。
そんなわけでPuffyのをゲット。アーティストロゴが入っていないので他のライヴでも使えそうで便利かも(笑)。
あとはTHE BAND HAS NO NAMEのガチャベルト。もうひとつこのタイプのベルトがほしかったのでちょうどよかったのもあったのですが、決め手はレインボーカラーという点。けっきょくラルクファンなんじゃん、自分(笑)。東京ドームにつけていこうかな。
買うとイベントのステッカーとスパゴーの缶バッヂももらえました。

いよいよ本命のアーティストたちのライヴ。
まずはTHE BAND HAS NO NAME。
会場内に入っている客の数も増えて、メンバーが登場すると前方の客が前に詰めていきました。うちらはうしろでまったり。
演奏がはじまると、明らかに今までのバンドたちと音が違ってちょっと感動。やっぱりすごいなー。
2曲演奏してこれからというところで、なぜかステージ中央におっさんが上がってきました。ん?スタッフ?
「演奏の途中だけど、ちょっといいかな?前の人たちはわかっているよね?自分がだんだん沈んでいっているのが」
…客が前方センターに向かって殺到してジャンプしまくるので床が抜けそうになっているらしい(爆)。とりあえず確実に沈んでいる。

つづく。
[PR]
by szkhkty | 2005-09-12 01:25 | ライヴ