以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お久しぶりです!

と言われましても、私はせいぜい沖縄以来3か月ぶりだったり(爆)。

振り返り。
10/26の座席は今回のツアーではいちばんいい場所のはずだけど、はじまるまでは全然テンションが上がらなくて。一応数日前に自分が行った広島2日目のセットリストどおりに曲を聴いたりしたのだけど。音ログに残ってますが。

ぼけーっとしているとメンバー登場。
あ、この座席晴一君真っ正面じゃん。本当に真っ正面すぎてキレイに前の人で隠れます(爆)。でも、この人背が高くてよかったよ、頭は見えるもん(笑)。ま、少しずれたらちゃんと見えましたけど。
久しぶりにメンバーの頭から足先までキレイに見える場所でした。
1曲目は季節感無視しすぎな曲なのと北海道のライヴが久しぶりすぎるせいもあると思うけど、若干お互い堅さがみられました。
でも、2曲目でヴォーカルさんがぴょこぴょこ踊り出してからはそれもほぐれた感じ。
この曲で早々に晴一君がオーケストラピットに降りて客席ギリギリまで来ました。
オーケストラピットのせいで遠く感じるし実際アーティスト側もやりづらいらしいけど、降りてくるとかなり近いです。最前列なら1mくらい?
間近で見ると「背高いなー」と思いましたね。けっこう指がキレイだった。←そこかよ
でも、北海道だからなのかポルノファンだからなのかわからないけど、みんなきちんとしてましたね。どっかのラーとかいうバンドのファンみたいにステージ前に駆け出さない(笑)。

MCは…いっつも飛行機の話をしているような気が。
函館から札幌に来るのに晴一君はプロペラ機で45分で来て、昭仁君は飛行機が大っ嫌いなので3時間半かけてでもJRで来たらしい。
私はアキヒト派ですね。プロペラ機なんて絶対嫌っ!たとえ丘珠空港という利便性があったとしても。
実際すごく揺れたらしいし。怖いよう。晴一君は熟睡していて知らないらしいが(爆)。
私、もともとは飛行機嫌いだったんですけどね。でも、さすがに遠征三昧で慣れましたが(笑)。
アーティストもツアーで慣れないのかなあ?
でも、この人ならどうせグリーン車で快適でしょ?私でさえグリーン車に乗るし(笑)。
私の場合はリッチなわけではなくヘタレだから。耐えられない。「俺たちもう(車内で)眠れねーんだよ!(by 大泉洋)」どうでしょう状態なので(苦笑)。
オチがきまらずにぐたぐたしゃべって、オチっぽいところまでやり直してから本来の(?)MCをして「暴れましょう!盛り上がっていきましょう!」と言って演奏再開。
…で、東京ランドスケープってさあ、どうすればいいの?(爆)
たしか、hyde君もツアーのときにこの手の煽りをして拍子抜けしたんだよねえ(笑)。
「この曲でどう暴れろと?」

あとは、やっぱり新曲はカップリング曲のほうが好きですね(笑)。
ヴォーカルもあいかわらずうまくてよかったですけど、ギターもよかったです。こっちのほうが見てました。
目の前ってのもあるし2日目は下手側ってのもあるし。
やっぱりこの人を見ているとギター弾きたくなるなあ、なぜか。なんか、いい。自分でも理由はわからないけど。
アンケートにも書きましたが、プッシュプレイのときはハルイチviewです。
すごく楽しそうで、いいです。
そういう個人的にピンポイントで必ず見るのってありますね。
接吻のくねくね踊るhyde君とかMy Dearの手持ち無沙汰なkenちゃんとかLinkのくるくるトントンteっちゃんとか(笑)。ユッキーは挙げきれない。

メンバー紹介のときに、まずサポートメンバー全員を紹介し終わって「以上です!」と言ったら客席から「ええーっ!」とブーイングが起こって昭仁君がマジでびっくりしてました。「えっ?なんで?」とサポートメンバーを数えなおして「何、何?」と。どうも、お客さんは彼が晴一君のことをスルーしたと思ったらしく。
「えっ、これから「次はPorno Graffittiを紹介します。まずはギター、ハルイチ!」ってはじめからやろうと思っていたけど?マジで今までのライヴでいちばんびっくりした」と言ってました。かわいそうに…(笑)。
晴一君が昭仁君を紹介しようと思ったときに照明がやや落ちて「以上です!…あ、ごめんよ!君のことを忘れてた。みんなのことを紹介してくれたのに。岡野君、2時間以上一生懸命歌っていたのに忘れてごめんよ?」とか小芝居をしてから紹介してました。
「何、今の照明?ノッてみたけど(笑)。こんなに舞台仕立てにするはずじゃなかったんだけど」
…北海道厚生年金会館ですから(何)。

最後はいつものジレンマ。ラーさんとは逆で最後に盛り上げまくってライヴが終わります。
そして、全員並んでご挨拶。
まずはステージ前に並んで、でも「違うよね?」と首をかしげてけっきょくオーケストラピットに降りて客席ギリギリまで来てペコリ。
かなり近い。
サポートメンバーがはけてからふたりは左右に動いて手を振りまくり。最前列の人には手をささっと払って触ってましたね。ずっと何か話していたり。
いつもの生声ひとことコメントでおしまい。

終演後ロビーに出る前に私のうしろにいた女の子たち(つまり座席は私より前)の会話。
「近かったねー」
「けっこう顔デカかった」
「相対的にそう見えるんじゃない?」
「背も低かった。FCUW(ライヴハウスイベント)のときは思わなかったけど」
「意外とちっちゃかったね」
…昭仁君のことです(爆)。乙女がひとり現実に戻ったらしい。
そりゃあ、隣の晴一君に比べたらねえ。この人、すっごく背が高くて細かった(そう見えた)。

このライヴでいちばん面白かった瞬間だった(こら)。

帰宅してから今の「水曜どうでしょう」を観ましたが、彼らも観たのかな?
この番組って今でもローカル番組だよね?
…水中ではエキサイティングしているのかもしれないけど、水上は地味ですってば(笑)。
[PR]
by szkhkty | 2005-10-27 12:06 | ライヴ