以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

うれしはずかしふたりきり

6/7 NAOTO 啼鵬 Duoの夕べ@札幌くうに行ってきました。

急遽決定したらしく当然急な告知で焦って予約申し込み。
さて、何枚申し込もうかな?
A音ちゃんがけっこう気に入ったみたいで、前回のアコライヴからしばらくたってからサンクチュアリを買っていたくらいなので、とりあえず2枚申し込み。
A音ちゃんにメールしてみると、「凄い行きたいけど、会議で抜けられない!」とのこと。内容的に「代わりにおねがい♪」なんてできないしね(笑)。残念。
N姉は興味あるかなあ?と思いつつメールしてみると「いいよ」とのこと。ほっ。
そんなわけで、NACSファンとしてのNAOTOさんのほうが知っているかもしれない(笑)N姉と行ってきました。

開場時間前の精算時にはじめてわかる整理番号。
40番前後でした。ふーん。
と、N姉が「ねえねえ、80番とか言っている人もいるよ!」と耳打ち。
えーっ!acid@帯広より多いんじゃね?(爆)実は、来る前から「acid@帯広よりお客さんが多いかも…」とは思っていたのですが。ちなみに、くうのキャパはたぶん帯広MEGA STONEの10分の1くらいかと。をーい…。

前回のアコライヴ2日目とほぼ同じ座席に陣取ってまったり。
NAOTOさんは半袖でした。元気だなあ(笑)。啼鵬さんははじめて。サイトで見たとおりでした。←当たり前

トークなしで立て続けに3曲演奏。
おっ、今日はマジメなクラシックモードですか?
と思ったら、その後、ふたりともマイクを持ってトーク開始。いつもの調子でした(笑)。
「急遽告知したにもかかわらず、こんなに集まってくれてありがとうございます。ところで、道外から来た人っていますか?」と挙手を促すと、そこそこいました。えーっ?わざわざ?こんなド平日に?
と思ったけど、ふだんの自分の行動を考えろ、俺(苦笑)。同じことやんねえ?(笑)
「こんな急だと旅行パックとか使えなかったでしょ?せいぜい、特割1くらい?(笑)」と言っていて、「あ、そっか」と思いました。すごい情熱ですね。
どうやら、ライヴ当日4日前に開催決定、3日前に告知したらしい。で、満員御礼。すごいなー。
しばらくライヴができなくなるのでやりたくなったらしく、啼鵬さんと会場のくうが空いていたので急遽できたらしい。すごいなー。
そして、私は今週のほかの日は仕事で絶対に行けないので、唯一空いていた7日にしてくれてちょうどよかったのです。すごいなー。あ、9日も明けで行けるけどね、眠たいから勘弁(爆)。

N姉もちょっと言っていたけど、ファン(お客さん)の内訳は、ポルノがらみの人(若そうなコ)もいれば、NAOTOさん(と啼鵬さん)ファンの人とクラシック好きの人といった感じでしょうか?
ポンすけと比べると、グッとクラシックファンな感じがします。ポンすけはクラシックじゃないけど。ジャンルは「雑談」だっけ?(笑)
私は、もちろんポルノのライヴで観てというのもあるけど、ほかのアーティストのライヴでも観ているし、クラシックがらみでもあるからなあ。
そして、今回は啼鵬さんのバンドネオンも楽しみにしてました。2,3曲しかやらなかったけどね(苦笑)。ほとんどピアノ。

あとは、1曲ずつトークを交えて和やかに進行。
けっこうクラシック系が多かったかな?NAOTOさんが汗だくになってがんばった曲(笑)は私も学生時代に演奏したなあと懐かしくなりました。ムキになる曲(と言っていいのやら)。
来月発売されるアルバムの話をけっこうしてくれたのがうれしかった。発売が楽しみー。
今回のライヴは「Duoの夕べ」なのですが、長い付き合いでふたりきりでライヴをするのははじめてらしく、「案外うまくいくもんだねー」なんて言ってました。

そういえば、今年私がいちばん観たアーティストっていまのところNAOTOさんなんだよね(笑)。
アコライヴ2daysとlive imageと今回のなおていで4回。
これからhyde君が福岡2daysと沖縄で観て旭川含めて4回になって並ぶ予定だけど。
「ポルノ@横浜でさらに増えるなあ」と思ったけど、今回(から)は不参加?N姉と「ライヴ中に言っていた予定には入ってなかったね」「クラシック関係じゃないからじゃない?」と言っていたけど、彼のサイトの予定には入っていない。どうなんでしょう?よくわかりません。
ま、サポメンから抜けても彼を観る機会はこれからもあるだろうけど。

ふたりもお客さんもとても楽しそうだったのでよかったなと。
しばらくゆっくり休んで治してください。
札幌でリフレッシュできていたらいいな。

…あ、セットリストは無理(爆)。



帰宅後、ちょうどやっていたどうでしょうクラシックを観た(笑)。

翌日、くうから「ご来店ありがとうございました。」とメールが来た。
「急な開催決定にもかかわらず、お越し頂きましたこと、弊店ならびに出演者ともども感謝しております。」
いえいえ、とんでもない。
こちらこそ楽しかったです。また行きたいです。こっそりやってください(笑)。
[PR]
by szkhkty | 2006-06-09 12:08 | ライヴ