以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

しまなみぶらり旅 10/2 前編

すべてレンタカー
(広島)因島→生口島→大三島
(愛媛)大三島→生口島
(広島)生口島〜因島〜向島→尾道→福山

朝、A音ちゃんは汗だくになったらしくてひとっ風呂浴びてました。
私はいちど目が覚めて起きかけたけど、また寝ました。ちょっと暑かったので片腕だけ布団から出して。これが間違いの元(爆)。

食堂で朝食。
あくまで海産物攻め。穴子の卵とじがおいしかったです。火にかけてぐつぐつしだしたら自分で卵とじにするのです。食べ方が難しかったので、ご飯にかけてみました。おいしかった!(≧▽≦)

部屋でデザートをいただく。
はっさくゼリーはあいかわらずおいしかったです。自分用にゲット済み(笑)。

しばらく部屋でまったりしてからチェックアウト。
せっかくなので、公園内を散歩。
たしかに土生港が見渡せて見晴らしはいいですね。島々も眼下に広がって。もっと晴れていたらブロッコリーみたいにもこもこしていたんだろうな(笑)。桜の季節に見てみたいですね。
と、A音ちゃんが何かを見つけた模様。
「サティがあるよ!」←こら
「ほんとだー、びっくり!!」←こらこら

因島水軍城へ。
途中で市民会館が見えたので寄り道。
わー、テレビで見たのと同じだー。←当たり前
高台にあって、たしかに景色はいいですね。本当にあの象の遊具等があって面白かったです。某恐竜公園にはかなわないけどね(笑)。

で、お城。
道を間違えました、すみません。
だって…、

青影トンネルがあんなに薄暗くて不気味だとは思わなかったんだもん!(笑)

「どうしたの?」
「AOKAGEっていう、今のトンネルを題材にした曲があるんだけど、ショック(というか意外でびっくりして)でちょっと呆然としちゃって…」
「どんな曲?」
「えーと、自転車で彼女を迎えに行く約束の時間に遅れて向かい風だったからと言い訳したけど彼女はどんどん先に進んで怒っているのかなと思いつつついて行ったら追い風になってきて。そのおかげで早く着けるかも。青影トンネルを抜けたら目的地の海が見えるから機嫌直してね、っていう曲」
「ふーん…」

えっと、どこか間違ってますか?(笑)一応、ラヴソングだよね?←「一応」?
たしかに排気ガスで煙そう。てか、自転車でとおるの怖そう(苦笑)。
A音ちゃんにどのアルバムに入っている曲なのか訊かれたけど、タイトルを本気でど忘れしました(爆)。「さ、3枚目!」って…。

で、再び、お城。
運動部の下半身強化合宿によさそうですね!(笑)石段がすごすぎ。入口に「杖をどうぞ」と用意されていたからね(苦笑)。使いませんでしたが。
でも、やっとの思いでお城まで上ると見晴らしはいいです。お墓だらけだけどね。
水軍資料館は、まず、防腐剤かなにかの匂いがきつくてウエッとなりましたが、じきに慣れました。大島の博物館のほうが資料は豊富ですね。向こうは能島村上水軍がメインですが。

目的地には行けたので、そろそろ今回の旅のメイン(笑)、たこ飯を食べに生口島に行こう!
の前に、因島で気になったこと。

「岡野さん」が多いと思った(笑)。
商店や事務所や医院その他の看板でわりとよく見かける名前だなと思って。私が目がいくのはあるかもしれないけど、A音ちゃんも言ってたからね。この土地に多い苗字なのかしら。

自転車・バイク・軽自動車が多いと思った。
道が狭いので小回りがきくほうがいいのかもしれないけど。レンタカーは軽を借りて正解でした。自動車道の料金も安く上がったし(笑)。バイクはこの島を出て行った人が今カスタマイズして東京で乗っているハーレーとかではなく(笑)、原付。

自転車なのですが…。
自転車が走るのは、歩道?車道?
これは、コーヒーフレッシュと絆創膏の通称以上にみんなに訊きたい!
因島では例外なく歩道寄りの車道を走っていて。広くて立派な歩道がある道路でも車道を走ってました。ちなみに、歩道に人は歩いてません。
車を運転しているA音ちゃんは「いつ斜め横断するかわからないし、突然コテンと転ぶかもしれないので怖くて嫌だ」と言ってました。わりと車も走っていたので危ないと思うんだけどなあ。
以前、テレビか何かで自転車はどちらを走るべきか調べていたけど、結局どっちだったかな?(忘)ちなみに、私は歩道を走ります。地元でも札幌でもまわりの人もみんな歩道を走ってますね。猛スピードで走っている自転車もいて歩行者が危ないときもあるけど、車に接触したり通行の妨げになるよりはマシかと。
「こんど「(ポルノのふたりに)危ないからなんとかして」って言っておいてよ」とA音ちゃん(笑)。そうだねえ、ふつうに「地元ではどうなんですか?」と訊いてみたいですね。

…と、いろいろネタがあった因島ともお別れ。
さよなら、因島。
待ってろ、たこ飯!(笑)
[PR]
by szkhkty | 2006-10-06 17:24 |