以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

喜多Yell

ビークルのヒダカさん曰く、きたえーるはアジカン喜多君を応援するために建てられたらしいですよ。<喜多君コールをさせられた(笑)
…きたえーるでライヴをするアーティストは「きたえーる」の名前の由来を言いたがるのだろうか。2年前にも「鍛える」と「北Yell」をかけているらしいよ、と得意気に話していた人がいたなあと思い出しました(笑)。

12/15 アジカンの酔杯@きたえーるに行ってきました。

酔杯自体は初体験。
去年、札幌で急遽やったのは外伝だからね。アジカンのワンマンでした。ゴッチのバースデーイヴで楽しかったな。

まずは、ゲストバンド。
スパルタローカルズ。
このバンドはテレビか何かでチラッと聴いていいなと思ったバンドかなと思って確認したかったので楽しみでした。
演奏がはじまって歌い出して即「あ、違う」(爆)。
売店でご飯を買って食べていればよかったなあと思いました。おいなりさん食べたかったな。←こら
ヴォーカルの声が生理的に合わなかったもので。ごめん、どうしようもない(苦笑)。

BEAT CRUSADERS。
実はすごく楽しみでした。お面なしのメンバーが見られる!と思って(笑)。
お面のまんまだよとも訊いていたのですが、やっぱり見てみたいじゃん。
…本当にお面のまんまだった(笑)。違和感なし。うまくできてるねー、あれ(感心)。
1組目のバンドと比べると、あきらかに鳴っている音がよい。対バンライヴだからかもしれないけど、私でも知ってるシングル曲が多くて楽しかったです。お客さんの反応もよい。
そして、最初に書いた喜多君コールをさせたり下ネタコールをさせたり、わりとやりたい放題?(笑)ワンマンではもっとすごいのかもしれないけど。
ま、いちど観てみたかったのでよかったです。M穂が好きそうだなとも思いました(笑)。

と、ここまではずっと着席したまま(爆)。
体力温存。そして、A音ちゃんと「寒いね…(爆)」。
セッティングがビークルと違って念入りだったような気が。本命だからかな?

アジカン。
さっきまでは上にある4つの連続したモニターのうち、両端の2つしか使用していなかったけど、さすがに全面を使ってきました。何かメッセージが流れています。
メンバー登場。うちらも起立(笑)。
…えっと、インスト(?)後の1曲目、サビになるまで曲名を思い出せませんでした(爆)。ダメだ、最近アジカンを聴いていなかったから自分の中で反応が遅いっす。結局、だんだん調子を取り戻してきてかなり楽しめましたが。

ざっくりと感想。
こんなにたっぷりやるとは思わなかった(爆)。通常のライヴくらいは演奏したよね。
そして、おいしいところどりだった。オリジナルアルバムリリースに伴うライヴじゃないから、けっこう古い曲とかも演奏して。

アジカンのライヴでスクリーンがあることが不思議だったのですが(笑)、上に4面とバック(中央)のをひとつと数えると合計5つあったのに、ずっと全面同じ映像が映っていて「意味ないじゃん」と思ってました。羅針盤でやっと中央のスクリーンに違うイメージ映像が映りました。ちょっとSMILEツアーのヘヴドラを思い出したことは内緒(笑)。上に4面あるからメンバー全員ワンショットで映せばいいのに、なんでゴッチばかりなんだ?とも思っていたのですが、後半の曲でやっとメンバーそれぞれ映りました。

ゴッチの歌詞飛ばしがいつもに増して多かった、歌えている部分もなんとなく流れてしまっていると思われるところがあったような気がしたけど、距離があるから気になっただけかも。
調子は悪そうには見えなかったし、楽しそうでもあったけどね。スクリーンに映る顔がにやけていたし(笑)。
そして、やっぱりバンドの音がいいなと思った。特に、ドラムの音が好きー。っていつも言ってるけど(笑)。バンドのメンバー4人だけでがっちりとした音が出せるのはいいなと思った。

酔杯を観て、NANO-MUGENも楽しそうだし勝手に来年のRSR出演宣言をしたりして(笑)行きたいなと思ったけど…どう考えても来年は無理だなー(苦笑)。
[PR]
by szkhkty | 2006-12-16 05:35 | ライヴ