以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

白い街に白い人現る

1/6 NAOTO@Zepp Sapporoに行ってきました。

開演前にとなりのおねーさんたちがWESSの冊子を見ながらしていた会話。
「GLAYってついにきたえーるで(ライヴを)やるんだね」
「えー、人気なくなったんだねえ」
…や、違うから!(笑)今回はアリーナツアーなだけだって!いつもドームツアーなわけじゃないから!それを言うなら、昨年末はホールツアーでもっと小さな厚生年金会館だったから!
と、つっこまずにはいられなかったり(笑)。GLAYのチケ取りの事情はそれなりにわかっているので、思わず訂正したくなりました。
そっかあ、世間ではそう見られちゃうのね。今年、ファン待望(?)のホールツアーをするラルクさんも、はたから見たら集客力がなくなったと思われるのね…。ヲタはチケ取りで頭を悩ませているというのに(苦笑)。
一応、東京ドーム2daysのチケが2分(だっけ?)で完売するのよ。

そんなうちらも、WESSの冊子を見ながら、
「中島美嘉ちゃん、ライヴするんだね」
「私、一色ってイマイチなんだよねえ。TAKURO節全開過ぎて」
「GLAYのヴォーカルが歌うところが容易に想像できる。違和感なさすぎ」
「Glamorous Skyは好きなんだけどね。こっちもhyde節といえばそうだけど」
「歌う人が作ったほうが相手に合った曲が作れるのかな」
「hyde君本人が歌っているのを聴いたことがあるけど、女の子用だから歌いにくいって言ってた。でも、なかなかよかったよ」
とか言いまくり(爆)。
やっぱり、うちのコはかわいいのかしら(笑)。

以下、ネタバレあり。
ただし、セットリストはなし。曲名を覚えていない(爆)。



とにかく、ツアー初日なのでどんな感じになるのかさっぱりわからなくて。
ステージのセッティングを見るとバンド形式っぽい。
で、下手から、ヴァイオリン、キーボード、ベース、ドラム、ギターの順に並ぶ。
そして、中央にNAOTOさん。全身白!髪も金髪をとおりこして白っぽい!期待を裏切らないですな!(笑)

数曲演奏してMC。
これがマジメモードでさあ(爆)。初日だけあって、アーティストもお客さんもおたがい緊張気味。このままマジメモードだったらどうしようと思いました。しゃべらないNAOTOさんなんて、NAOTOさんじゃないわ!←え
とか言ってますが、演奏はすばらしかったです。ソロアルバムや、のだめの曲などを披露。のだめを観ていたほうが楽しめるかも。

また、数曲演奏してMC。
このあたりで、いつものアコライヴ風のまったりトークが展開されました。よかった(笑)。
「NAOTOがしゃべるのをはじめて聞いた人?」
「けっこうしゃべると聞いてきた人?」
など、質問したり(笑)。
道外や市外の人がけっこういました。うちらはお気楽市内組。
「まだまだしゃべりますよー。ついてきてくださいねー」
札幌を初日にしたのは本人の希望だったみたいですね。そして、この日が2007年のZepp Sapporoの営業初日。パチパチパチ。

ここか、次のMCのあと、「ノリのいい曲が続くので立ってもいいですよ」と言われる。
あ、立たせるんだ。てか、こう言われてほかのお客さんが立たなかったらどうしようかと思ったけど、全員立ってほっとしました(苦笑)。
ま、その前にも手拍子やバイバイ手振り(?)を促されたりしましたが。えっと、どっかのポなんとか言うバンドみたいだったんですけど(爆)。

徐々に雰囲気に慣れてきていた会場内でしたが、このあたりからさらに盛り上がりました。
それにしても、NAOTOさんって、よくあんなに笑顔でステップを踏みつつきちんと演奏できるよねえ。ブリッジしながら弾けるしな(爆)。ほんと、楽しそう。

Remember演奏前に、NAOTOさんから「この曲は女性コーラスが入っているので、お客さんに協力してもらいますよー」と言われて会場を縦ふたつに分けて練習。どっかで見たことがある光景だなあ(笑)。
最前列中央に男の子がいるのを見つけて話しかけるNAOTOさん。彼を境に二分するらしい。
「どこから来たの?」「清田区」
「名前は?」「千葉」「清田区なのに、千葉君なんだあ(笑)」
「何歳?」「高一」「高一かあ。若いっていいよね」
「NAOTOはどうして知ったの?」「ポルノファンだから(←ここで会場中大爆笑)」「NAOTOファンじゃなくて、ポルノファンなんだあ(苦笑)。ポルノもいいけど、NAOTOもよろしくね」
と、やりとりしつつ、両パート練習。練習では4フレーズ歌いましたが、本番では2フレーズです。「間違えたら、またここから(彼とのやりとりから)やり直しますからねー」。
バンドが演奏後、NAOTOさんが合図をしてコーラススタート。終始NAOTOさんが合図してくれます。いい感じ。2フレーズ歌ったところでまとめました。
…が、ひとりだけ、もう1フレーズ頭だけ声を出してしまいました。えーっ!苦笑いするNAOTOさん。
と、「さあ、ここからはみなさんにも協力してもらいますよー」とコーラス練習からやり直し(爆)。また、彼に話しかけてます。「どこから来たの?」云々。
練習して、再チャレンジ。NAOTOさんを見ていればどうってことないはずなのですが…。また、ひとりだけフライング。えーっ!わざとっすか?会場中大爆笑。「どこから来たの?清田区!千葉君!高一!ポルノファン!NAOTOもよろしくね」。おもしろすぎ。
3度目の正直で、やっと成功。自分たちに拍手。やっと曲が終わった(笑)。

「この街でやるのがいちばん似合うと思います」とWhite Candleを演奏しておしまい(だったかな?)。

アンコールは2回ありました。
白いぽっぱぁさんは、ツアーTに着替えて登場。売る気ですね!(笑)
最後は、全員1列に並んで手をつないでお辞儀。ここで、客席からonちゃんのぬいぐるみが投げ入れられる。ナイスキャッチ。てか、似合いすぎ(笑)。サポメンが去ったあとに、ぬいぐるみを抱きしめながら生声で「また札幌に来るon」と言って笑顔で去っていきました。どっかで見たことがある光景だなあ(笑)。

いやあ、楽しかったです。
演奏もNAOTOさんはもちろん、サポメンの方々もすばらしかった。個人的には哲郎さんのギターがまた聴けてよかったなあ。
次は、真駒内でかな?だよね?
ヴァイオリン刑事も期待してます!(笑)ヴァイオリンから弾が発射されるのかな?それとも、パカッと開いて警察のマークが飛び出すのかな?←いろいろ混じっているらしい(笑)
…もちろん、そんなドラマはありませんよ。
[PR]
by szkhkty | 2007-01-09 22:45 | ライヴ