以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

薬用S.O.A.P.じゃないよ(改訂版)

MUSE@東京国際フォーラム ホールAに行ってきました。

土日は1時間半くらいで短かったと聞いていたのですが、今回はダブルアンコール含めて2時間でした。
どんどん演奏するので中身は濃かったです。アンコールのときに改めて「あ、この曲やってなかったんだ」と思うこと何度も(爆)。
最後の曲はニューアルバムの中でいちばん印象に残っていて、スクリーンに歌詞が表示されたときに、「うをー!」と思いました、なんとなく。ここだけは元々はっきり発音していて英語詞がわかるからね(笑)。

思ったより生のパフォーマンスはよかったです。楽しかった。
印象としては、ホールが似合うような感じがしました。
演出でホール全体を自分たちの世界に連れて行くというか。でも、野外フェスやライヴハウスでもまた違った雰囲気になって面白そう。以前からずっとライヴハウスで観てきたSぽさんやSかきは「より演劇っぽかった」と言っていて、なるほどと思いました。SHOWって感じがするかなあ。「フォーラムてやるなんて、席が埋まるのかしら?」と心配していたみたいですが、即日完売してよかったですね(笑)。

お客さんのノリも(私にとっては)よかったです。
外タレさんのライヴって感じがしました(何)。GLAYのライヴ後だったからなおさら(爆)。特に、アンコール待ちとかはああいう自然に沸き上がる感じのほうが好きですね。acidもあんな感じだと思っていたんだけどなあ。←必死の「アンコール」連呼に引いた人

それにしても、こんなにバリバリピアノを弾きながら歌うヴォーカルを生で観たのははじめてかも。…や、トム・ヨークもか?昭仁君も、がんばって!(何)
そして、ドラムセットの台が電飾(?)でピカピカしていた!
ユッキーも、どう?(笑)

でもさあ、このスケジュールはキツクないのかな?
はじめはフォーラムの公演だけだった(はずな)のでここのチケを取りましたが、あとでZepp Sendaiの公演が発表されて「ライヴハウスもいいな」と思っていたら、フォーラムの公演直前の土日にSTUDIO COASTの公演が発表されて「そっちのほうが行きやすくてよかったのに!」と思って。で、数日前にオフィを見たら札幌と東京以外のZepp公演があることを知ってびっくりしました。しかも、強行軍。大丈夫っすか?(爆)
札幌公演はないけど、別に怒ってません。難しいって。むしろ、仙台と福岡公演があることにびっくり。それに、下手に札幌公演があったらわざわざフォーラムに行くのが空しくなるし(苦笑)。
福岡公演は16日なんだよねえ。18日なら行けたのに。福岡なら当日券が出そうじゃない?(笑)仙台と逆ならよかったのに。うまくいきませんなあ。



余談。
お客さんはSぽさんが「いつも行くのと違うよ。若いコ、特に男のコが多い」と言ってましたが、なるほど。
若いと言っても、高校生くらいの子どもではなく大学生くらい。20代前半が多そう。男子率高し。あとは、カップル。
でも、私の座席の通路をはさんだ前の座席には、おじさん3人組がいました。中央の男性は、自分の中で盛り上がってくると両手でバンザイをして人差し指でステージを指して親指で「Good!(もしくは、和田アキ子がよくやる「イエーイ!」のポーズ)」をして手拍子をしてました。「あ、あのおぢさん、今楽しいんだな」と思いながら見てました(笑)。その両となりのおじさんは、ずっと立っているのがつらくなってきたらしく、後半は背もたれに手をかけること何度も。でも、立って見たいらしい(笑)。
そして、おじさんたちの左となりの若い女性2人組は、微動だにせず終始双眼鏡でステージを凝視(爆)。誰を見ているの?

そうそう、マットってマシューの愛称みたいなものじゃないっすか?
ブックレットに「マシュー(マット)・ベラミー」と書いてましたよ。←いまさらはじめて見たヤツ
[PR]
by szkhkty | 2007-03-13 00:12 | ライヴ