以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

しょせんゲネプロ 前編

改めて、3/19 PornoGraffitti(プレライヴ)@Zepp Fukuokaに行ってきました。

↑の感じだとグダグダで不満だったみたいですが、そうではなくて、せっかくなので試したいことはどんどんやってみては?ということで。
そういう趣旨のライヴでしょ?だから、身内(FC会員限定)でやるんでしょ?と思った次第で。

以下、ネタバレ。
あ、ひとつだけネタバレではなさそうなことを忠告すると、このままだとライヴ時間がめっちゃ長いです(爆)。
終電注意。プレライヴは正味3時間しましたよ。22時すぎて、ちらほら「やばい、やばい…」という声が聞こえてきたり(苦笑)。

セットリストは2つ前の記事を参照。



5分押しくらいでスタート。

m-NAVI(でいいんだよね?)のあとにハネウマ。
え、もう?
お客さんのテンションも上がります。
つぎは、イントロがアレンジされていたので気づかなかったのですが、昭仁君がぶつぶつ言い出して(失礼)、「オレ、天使」か!(驚)
ひさしぶりですね。ベスト盤に入っているのにしばらくしてませんでしたね、そういえば。それにしても、よく口が回るなあ。そして、そういえば、ライトが赤かった。←そこで気づけよ
で、天使つながりのつもりなのか、Devil in Angel。

はじめのMCは、プレライヴの趣旨等を言っていたような気が。
昭仁君が「演奏する曲もまったく同じだし」と言うと、晴一君が「…だいたい同じだし」と訂正したり。一応、本番(アリーナツアー)どおりやって、不都合があったら変えるかもしれないからね。
実は、ふたりが登場したときに、「めっちゃ着飾ってるなあ」と思っていたのですが、これも、アリーナツアー仕様らしく。
なので、ライヴハウスだとちょっと浮いていたり。暑そう(笑)。「アキヒトなんて、ロングコート着てるし」と相方さんに言われてましたが、それも気になってました。暑そう(爆)。そういう晴一君も黒ジャケット。暑そう。←しつこい

BLUE SKYって、どうしてもJALを連想させるんだよなあ(JALショップの名前と同じなので)、とか思いつつ、つぎは、アポロ。
歌い出しの歓声は大きかったですね。これも、意外とひさしぶり?アリーナツアーなので初参加の人も多そうだからこの選曲なのかなと思ったり。
つぎは、BLUE SNOWだったのですが…。
あのサビの振りはどこかで示し合わせていたのでしょうか?(爆)
いきなり(2フレーズ目あたりから)お客さんがワイパー手振り(って言うの?)でそろってびっくりしたのですが。そして、引いた人(爆)。えー…。
そのつぎのMCでは、「みんな主導で動きがそろってよかった」云々言ってましたがね。

「懐かしい曲をやります(ひさしぶりにやります、かも)」と言って、ヴォイス。
この曲わりと好きなんだよね。虹ジャケ写だからというわけでもなく(笑)。
このあたりはまったりモードで、休日とWinding Road。
後者もイントロがアレンジされていて、しばらくわかりませんでした。
それにしても、ハマスタDVDを観て思ったけど、クロマチックハーモニカ、上達したよね。あのときはまだたどたどしいかな?

で、サウダージ。
歓声が上がります。
でも…、なんか変じゃね?(爆)すごーく違和感があるんだよね。まず、ただすけ君のフルートが浮いているなあっと(笑)。ほかも雰囲気が違うなあ、パーカッションかな?とか思っていたら…晴一君が手を挙げて演奏ストップ。えー!(笑)
そして、ダメ出し大会(爆笑)。
「そこはコンガだよな?フルート、変。ベースは横ので」と、晴一君と昭仁君がダメ出ししまくり。指摘された人は「はいっ、はい…」。しょぼーん(笑)。せっかくなので、ごっつラテンヴァージョンにしようと思って試してみたけど、やっぱり変だったらしい(笑)。
改めて、通常のCDに近いヴァージョンで。
「やっぱりこれだね!」と昭仁君。試せてよかったですね。

Mr.ジェロニモはやっぱりヴォーカルさんのテンションが高かったです。
でも、のどに負担がかかりませんか?とか思ったり。

トーンが変わって。
「ここからは本来ならいろいろ仕掛けがあって、フラッディが出てきて振り付けの練習があります。彼は、まだ自主練がしたいということで、今日はふたり助っ人を呼んでます」と言って、上手と下手から助っ人が出てきましたが…マネ下っ端ーずじゃん(笑)。紹介はなかったけど、バレバレですやん。
マネふたりと昭仁君がまずお手本を。
って、大輔さん、間違ってますよー(笑)。「彼は見ないように(笑)。彼女を見て」と昭仁君につっこまれてました。
そのつぎはお客さんも一緒に。
と言っても、ライヴハウスなのでめっちゃ無理があるのですが、なんとなくやってました(苦笑)。私、できたよ!間違ってなかった(笑)。配信されて間もないので、初見の人も多かったみたいですが、なんとかなってましたね、たぶん。
お手本は昭仁君とマネふたりだったのですが、晴一君もうしろでやってました(笑)。動きがちょっと怪しかったのは内緒(爆)。
本来ならいろいろ演出があるところがこの日は会場の関係で何もできず、ただ音楽だけが流れて微妙な雰囲気でした。
「本番ではいろいろやってるから!今日は妙な雰囲気だけど」と必死のフォロー(笑)。
なんどか練習する場面があってから、本番。てか、演奏開始。
この曲はわりと好きなのだけど、振り付けしなきゃならないからきちんと聴けないのが残念かも。
振り付けは…まあ、いいんじゃないですか?やってあげるよ。←えらそう(笑)

PRISON MANSIONのつぎは、横浜リリー。
って…この曲もワイパーっすか?
うしろの女性が「いやー、やめてー」と言ってたのが印象的でした。よっぽど嫌なのね(苦笑)。

長くなったので、つづく。
[PR]
by szkhkty | 2007-03-20 23:45 | ライヴ