以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

しょせんゲネプロ 後編

整理番号がめっちゃ悪かったのですが、そのわりにはまったく見えないメンバー(サポメン含めて)はいなかったです。ちょっとずれたら見える感じ。

その中で、晴一君だけは終始バッチリ見える位置でした(笑)。
彼までの視界だけがキレイに開けていたんだよねえ。足下から頭までバッチリ。そんなわけで、まるでハルイチラビューなのか?というくらいに(そういう事実はない)彼ヴィジョンでした。
昭仁君もまあ見えたのですが、がんばって見るのがめんどーなので時々チェックするくらいで(酷)。
体操のおにーさんのときは見ましたよ。あの首傾げは萌え狙いなのでしょうか?(笑)
衣装の色のせいなのか、遠目だったからなのかわからないけど、ふたりとも身体絞ってきたなあという印象。
実際はそうでもなかったらごめんなさい(笑)。

整理番号ごとにきちんとブロック分けされるものだと思っていたのですが、フリーでした。2階席は会場内で希望者に整理券を配ってましたね。
Zepp Fukuokaって、段差がふたつあるのかな?
私がいたところは1段高かったのですが、うしろはもう1段高かったです。見やすいですね。いままで、この会場では前方(Bブロック最前列)にしか行ったことがなかったので気づきませんでした。Sapporoは1段しか高くないんだよねえ。

つづき。



DON'T CALL ME CRAZYはやっぱりかっこいいですね。
…まともな衣装だとなおさら。ナースコスがフラッシュバックしたことは内緒(笑)。

Before Century〜Century Lovers。
イントロが聞こえてきて盛り上がる会場。
私は「あ、やるんだ?」と思いました。振り付け曲(笑)があるからしないと思ってました。少なくとも、ミュージック・アワーはしないだろうなと。後者は正解。
で、Before Centuryですが。
「いままではわしが煽っていたけど、そろそろ飽きてきたのでリニューアルします。メンバー全員にしてもらいます」と昭仁君。あ、(ワンパターンだという)自覚あったんだ?(笑)
まずは、晴一君のギターからはじまって、各パートへ。
はじめは慣れていないのでタイミングがわからなかったのですが、だんだんコツがつかめてきました。ま、いいんじゃないっすか?新鮮でしたよ。特に、今回のツアーはいろんなお客さんが来ると思うので、ちょっと年配の方にも楽しめそうかな?往年のロックの名曲や懐かしい曲(フレーズ)も使っているので。

NaNaNa サマーガール。
…は、会場に入ったときからやることはわかってました。
晴一君のマイクスタンドにトーキングモジュレータ(ワウ)があったのでね(笑)。バレバレ。
サビまで歌ったところで、曲が変わりました。
盛り上がるお客さん。ん?…あー、ウィンターガールね。ほとんど聴いていないので気づきませんでした(笑)。iTunesに読み込ませていなくて。
この、サマーガール&ウィンターガールなのですが…。
いつからお客さんも歌うようになったの?←まわりが歌い出して引いた人
歌う、といっても、ヴォーカルさんが歌っている部分ではなくて、コーラス部分なのでアリだとは思いましたけど。てか、みんな、よく歌詞を覚えているね(笑)。私は無理。ラーでも無理だし(苦笑)。

このあとは、もしかして1曲抜けているかも。
Mugenとメリッサで盛り上がる。
実は、今回のライヴでおどろいたことのひとつなのですが…いつのまに、森男君はこんなに人気者になったのだ?(笑)
メリッサのソロ部分では、まわりのコ含めてめっちゃ声援が多くてびっくり。ま、いいことだと思いますけどね。当初はやはり反発していたファンもいたのでね…。彼は悪くないっすよ。もうひとりの彼も悪くはないけどさ。

アゲハ蝶はコーラスがバッチリで。
「さすが!」←昭仁君談
そうそう、あのラテン手拍子ですが、あの部分でいままでなかった(たぶん)キーボードのパートが違うリズムを刻んでいるので、ちょっとやりにくかったかも。

本編最後の曲は、グラヴィティ。
ま、予想どおりかな。
ここでも、ワイパーがあったかな?(忘)
この曲は好きなのですが、終わりの捌け方は今後変わるかもなあ、と思いながら見てました。まずは、このパターンで試してみたのかな?といった感じ。74ersを思い出しました。

アンコール待ちはなんとかならんのかといった感じ。
もう定着してしまっているのでどうしようもないと思うんだけどさー、なんだかなー。

ツアーTにお着替えして、アンコール。
前のコたちが着ていたものと昭仁君が選んで着たものが同じで喜んでました。ファン心理ですか?よかったね。…こうやって、終演後にこのTシャツが売れるんだなあ…(しみじみ)。

ライン。
なんか、この演奏姿がデジャヴすると思ったら、Mステで演奏してましたね、そういえば(笑)。
後半の晴一君のギュイーンが好き(笑)。
ライヴ開始時はめっちゃのどの調子がよさそうだった昭仁君でしたが、途中からあきらかに声がつぶれ(るまでいかなかったかもだけど)出してきて、この曲のファルセットは出せませんでした。つぎのMCで謝ってましたけど、「ライヴの後半にグラヴィティとラインはキツイよなあ」と思いながら聴いてました、実は(苦笑)。毎度のことながら、ヴォーカル泣かせのセットリストですね。

ラスト。
「どうしたい?」「とびたーい!」ということで、ジレンマなのですが…。
えーと、

そろそろ、別の曲にしませんか?

さすがに飽きてきたんですけど!(笑)

ラルクのバラード曲締め(最近はもっぱら虹)も「たまにはぱぁーっと終わりたいんですけどー」と思っているのですが、ポルノのジレンマもずーっとですよね?
これを聴かないと終わった気がしないというのもわかりますけどね。うーん、どうなんだろう…。
ま、昭仁君が左右にうろうろしてかなり前まで迫っていてお客さんはキャーキャー喜んでいたのでいっか(笑)。

最後。
サポメン含めてご挨拶後、ふたりきりに。
えーと、いつまでもうるさいよ。次にふたりが何やるかわかってるよね?この場にいる人なら。
と思ったり(笑)。
ほどなく静かになって、ふたりが生声でメッセージを言っておしまい。
「ツアーに行ってきます」と、晴一君。
「今日はありがとうございました」云々、と、昭仁君。すみません、長すぎて細かいことは覚えてません(笑)。
会場がせまいのと、一応静かにしなきゃならないことをわかっている人たちの前なので、わりとふつうのトーンで長めに話してました。

かなり名残惜しく手を振っておしまい。
…そして、時計を見てびっくりしました(爆)。「終電に間に合わないよ。やばい、やばい…」といった声がちらほら。私は歩いて5分なんで、平気(笑)。や、本当は飛行機で2時間35分(直通便)だけどさ…。

終演後、外に出たら雨が降っていてびっくり。
「雨だよ。雨降ってるよ。やっぱり、雨バンドだよ…」と、ざわざわ(笑)。降水確率、高くなかったよねえ?雨マークなんて付いてなかったよねえ?さすが。

アンケート。
あるんだ?
当たり前か。モニターみたいなものだからね。これからが本番。
「みなさんの貴重な意見をこれからのツアーの参考にさせていただきますので、ぜひ、アンケートのご記入にご協力ください!」と言いつつ、「雨のために記入していただくスペース(テント)に限りがありますので、感想は簡潔におねがいします!」とも言っていて。どっちやねん(笑)。
Macの件を書いておきましたが、もうひとつ、書き忘れていたことがあって。どうしようかなあ。
そういえば、質問文が標準語になってました。
はじめて?クレームでもあったのかしら。広島弁の質問文は彼ららしくてよかったのにねえ。正直言って、読みにくくもあったけど(苦笑)。
[PR]
by szkhkty | 2007-03-21 09:59 | ライヴ