以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お詫びの品・前編

午前半日勤務で帰宅後、呑気にMステと音楽戦士を観てました。
…はっ。
待ち合わせの時間を1時間勘違いしている!(爆)
と、慌てて支度をして出てきました。チケは忘れずに!
…慌てすぎたのか、さっぽろ駅で真駒内行きに乗り換えるはずが麻生行きに乗ってしまいましたが何か?(爆)
もちろん、すぐに気づいて北12条駅で乗り換えましたが。
こんな私は札幌在住者。えへ☆

そんな、6/2 PornoGraffitti@真駒内セキスイハイムアイスアリーナに行ってきました。
…昭仁君はいちども「セキスイハイム」は言いませんでしたが(笑)。やっぱりね。

以下、ネタバレあり。

あ、アリーナの座席表は、前方からA〜C、下手側から1〜5(か6、未確認)で、今日私がいたブロックは横12列でした。13番が2列目左端になるってことね。車椅子席っぽい空間やPA席の関係でイレギュラーな並び方になっているところもありましたが、まあ、参考程度に。



開演前にはハマスタでもやっていたお客さんいじりがありました(笑)。
北海道のファンはシャイみたいですね。隠れる人多し。
その中で、「ハルイチのチャームポイントを教えて」との問いに自分のくちびるを指して、「ハルイチにチャームポイントなんてねぇよ」とつっこまれていた女のコがいました。
A音ちゃんに「チャームポイントは口なの?」と訊かれて「うん」と即答しましたが、やっぱりそう思うよね。アヒル口(笑)。
あとは、フラッディ(これの名前を忘れていた爆)の振り付け指導。
わりとみなさん練習してました。A音ちゃんもしてくれました。ごめんねえ、変なことさせて(笑)。

10分押さないくらいで開演。
みなさん反応がよろしい。というか、素直。たぶん、地元民が多くて今回のツアー初参加の人が多かったと思われ。私は、プレライヴだけ行ってるのでセットリストや曲のアレンジはわかるけど、アリーナの演出ははじめて観るのでまあまあ新鮮に観られました。

出演者登場。
で、最初に思ったこと。

アキヒト、白着てるんじゃねーよ。←思わず呼び捨て

おかげでNAOTOさんがフロントマンとかぶらないように黒じゃねーかよ。

口も悪いですが、基本的に何か間違ってます。ポルノグラフィティのライヴですよ!(笑)
白いNAOTOさんを期待していたうちらは「うっそーん」。いやいや、昭仁君も素敵でしたよ。というフォローはもう遅いですか。そうですか。
そんな素敵なヴォーカルさん(しつこい)のとなりの晴一君は、赤チェックシャツで、本日のワタクシの衣装と若干かぶり気味。しまった(笑)。いえ、違うんです(何)。
それにしても、昨日は目の前にいたただすけ君が遠いなあ(笑)。

セットリストはプレライヴとほぼ同じ、だと思う。
メリッサとラインがカットされましたね。うーん、残念。ラインはしかたないけどね。北海道からかな?後述。
曲のアレンジが変わっているのでまわりの人はアレンジ部分が終わってイントロの演奏がはじまったり、懐かしめの曲がはじまると歓声を上げていましたが、私は知っているせいか妙に冷静に観てしまったり。しまった。それにしても、意外と覚えているもんですね。

ハネウマライダーは好きな曲なのですが、最近ラルクづくしだったので切り替えがうまくいかずにちょっと聴き流してしまいました…。
調子が出てきたのはMr.ジェロニモあたりからかなあ。って、遅すぎ?(苦笑)

オレ、天使はプレライヴではぶつぶつ言っていてよくわからなかったのですが、アリーナツアーでは字幕が入ったのでわかりやすくなりました。この曲の羽根の演出って、ラなんとかのライヴでも観たことがあるような(笑)。

BLUE SKYやBLUE SNOWのノリはやっぱりツアー中に固まってましたね(苦笑)。
ま、私はしたくないのでしていないのですが。…でも、古い曲だとそれほど抵抗なくできるんだよね。謎。

Mr.ジェロニモで声がつぶれないか心配しましたが、大丈夫でしたね。
はじまってすぐに思ったけど、ほんと、声出てるよね。そして、つぶれにくい。成長したね。ぱちぱちぱち。

で、m-FLOOD。
そうか、アリーナツアーではこういう演出になってたのか。プレライヴではスクリーンがないのであのSEが延々と流れているだけの微妙な時間だったのよね(笑)。
後半の昭仁君も踊るところは盛り上がったねー(笑)。知っていても楽しみでした。あのつけ耳は知らなかったけど。お前はtetsuか、とか思ったり(笑)。
ただ、この曲、NAOTOさんの見せ場もあったりしてけっこう好きな曲なのだけど、踊りに気を取られてきちんと聴けないのが残念。

横浜リリーの演奏前にスクリーンに街並みが映し出されて、「あ、横浜」と即答するうちら。
そういえば、A音ちゃんってハマスタライヴに行ってるんだよね。この会場にいる北海道在住のポルノファンって、きっとハマスタライヴに行ってない人がほとんどだと思うよ(笑)。そして、因島にも行ったことがあって、なんだかすごくポルノファンみたいですが、そのような事実はありません(笑)。acid@新宿、本八幡のついでと旅行の一環だからね。

Before Centuryは、やっぱり長くないですか?(爆)
アレンジを変えて飽きが来ないようにしていますが、ご新規さんはどう思ったのやら。私なら、「させること多いな」と思うかも。
そして、Century LoversでNAOTOさんがtetsuばりのびらびらを巻いて演奏していたのに、いちどもスクリーンには映らなくて不満だったり。映してあげて!(笑)
この曲やほかの曲でもあったけど、ちょっとだけ昔のアキヒトダンスっぽい動きもあったり。モットオドレ(笑)。

Mugen。
銀テープ来たあ!…あ、ここまでは届かないのか?と思いつつ、最後の1本を死守。ラニバのWhite Feathers状態だよ。
と、スタッフが通路に落ちた銀テープをごっそり持ってきてお客さんに配ってます。おおっ。うしろの人にもおすそわけ。最近、スタッフが配ってくれるライヴが多いなあ。
というわけで、銀テープに夢中で1番はほとんど聴いてません(爆)。ごめんねえ、昭仁君。←以前、目の前に自分がいるのにお客さんは銀テープに夢中になるので悲しいと言っていた(笑)

グラヴィティの前の晴一君の言葉は、どの会場でも言っているのだろうけど、いいですね。
はけ方は変わっていなかったような気が。

長くなったので、つづく。
[PR]
by szkhkty | 2007-06-03 05:06 | ライヴ