以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

撫ぜるだけさ♪真反対さっ♪ 後編

つづき。



アンコール。
手を振り振り晴一君のみ登場。
なんだ?めっちゃ手を振っているような気が。
ウェンディを歌いはじめる晴一君。
これも聴き納めだなあ。もう生で聴くことはないだろうなあ。
と思っていたら、おもむろにマイクスタンドからマイクをはずしたぞ!手を振りながらはにかみ笑顔で歌いながらうろうろしてるぞ!どうした?(笑)
いやあ、沸いたねー(笑)。きゃあーーー!ハルイチーーー!って感じ。よっぽど気分がよかったのかなあ。サービス満点。愛想をふりまくっていたのでやや歌はおろそかになる場面もありましが(にやけ気味だった笑)よくやったよ。いいもの見られたなー(笑)。
ステージ裏ではこちらが妙に盛り上がっているので昭仁君が気になったらしい。「何したの?」って。あとでモニターでチェックしてびっくりしてください(笑)。

新曲、リンク。
また生で聴けるとは思わなかったので、テンションが上がりました。
聴きたかったんだよねえ。
なんか、いろんなことがすっきりしました。うまく言えないけど。

メンバー紹介では、森男君だけがひとことしゃべりました。
金沢が地元だったのか。それは知らなかった(爆)。
晴一君が昭仁君の名前を忘れるってやつはお約束だけど(←え)、間違えて挙げる名前はふたりにしかわからない身内ネタなような気が。因島って実際に行って思ったけど、「岡野さん」が多いからね(笑)。そして、昭仁君の「高一からずっと一緒におるじゃろ」という言葉で、「あー、そういえば、今年で人生の半分以上一緒にいることになるのか、この人たち」とか思いました。そりゃ、しゃべることもなくなるよね(苦笑)。

ラスト、ジレンマ。
跳んで暴れて叫びたいってやつ、イマイチ浸透していないよね(爆)。そうでもない?
私もイマイチ思い出せなくて。歳かなあ。
各ソロパートは長めでしたね。ライヴ感があってよかったです。
最後は、ジャーン!と終わらずにデクレッシェンドとクレシェンドのくり返し。むらっさきツアーのアレンジっぽい感じ。

あー、これで、ツアーが終わっちゃう…、と思った瞬間、あのジングル。
えーっ、ミュージックアワーだ!やるんだ?
「ラスト、ミュージックアワー!」
やられたー!(笑)
ライヴの定番曲ですが、今回はm-FLOODがメインなので予想どおりやらなかった曲。変な踊りの曲は1曲だけでいいのです(爆)。でも、ファイナルでは持ってきたのね?
うかれ気分でロックンロールで変な踊りをするヴォーカルさん。あのう、岡野さん、私のまわりの人、ぽかんとしてますが(苦笑)。見よう見まねでやってくれてました。ごめんねー、やらせること多くて(笑)。

これで本当におしまい。
いつものように、メンバーを中心にサポメンも並んでご挨拶。握手や抱擁やハイタッチをしていたそのとき、m-FLOODのイントロが。
えーっ、次は何?てか、ステージ上のメンバーたちも「えっ?」とぽかんとしてますけどー(爆)。

スクリーンにフラッディ登場。
「この3か月間、オレッチもツアー一緒に回ったんだぁ。でもオレッチ、もう星に帰らなきゃいけねえんだぁ。だから、最後にひとつだけお願いきいてくれねえかぁ?」
ということを言って、最後にもういちどみんなで「m-FLOOD」を踊ることに。
アキヒッティはまだ踊れるからいいだろうけど、ハルイッティは「マジかよー」とうなだれてましたがな(笑)。当然サポッティメンバーも踊ることになったのですが、「ポンプさんは無理しなくていいぜぇ」とは言ってました(笑)。
1回踊って、もう1回踊ろうぜぇともう1回踊りました。
ハルイッティは左右逆になって「あっ」とうろたえてましたが、お客さんを鏡にして踊ればいいんですよー(笑)。サポッティメンバーもそこそこ踊れてましたね。って、あんまり見てませんでしたが(苦笑)。

最後に、メンバーとお客さんがお互いに「お疲れさまー」と言いました。
で、オチは、「オレッチ、こう見えて女の子だけどなぁ」って!
マジでお客さんもメンバーもそろって「えーーーっ!!!」と叫びましたよ(笑)。なんだよこれ。

いやあ、おもしろかった!(笑)
ミュージックアワーにはしてやられたけど、最後のm-FLOOD、フラッディ登場はメンバーも知らなかったみたいで、素でおどろいていておもしろかったです。いいもの見たな(笑)。サポメンは知っていたのかなと思っていたけど、サポメンも知らなさそうでした。本間さんくらいは知っていたのかなとも思ったけど、今回はサポメンだからねえ。舞台監督さんとスタッフが仕掛けたのかな?

サポメンがはけて、ふたりだけに。
はい、ここからが長いです(笑)。とっとと帰る人もいましたね。このときすでにライヴ開始から3時間15分ほど経過しています(爆)。晴一君がすっごく手を振っている気がしました。

ご新規さんが多かったわりにはわりとすぐに静かになったような気が。
晴一君は、「お前ら好き」「大好き」
昭仁君は、「今日は最高だった(今夜は楽しかった?)」「愛してるから」「また会いましょう」
だったような気が。昭仁君の最初の台詞はいつも言っているやつです。が、覚えてません(爆)。えー…。「愛してるから」で身悶えしている乙女多数。あー、よかったですねー…。
その後、かなり名残惜しく手を振っておじぎをしてからはけていきました。
お疲れさまでした。

というわけで、やっぱりファイナルってなんか違うね!とほくほくでした。
もともと行くつもりがなければ「あー、おもしろかったんだなー」と思えるのですが、チケを取ってやっぱり行かなかったらがっかりしていたかも。
これ、かなりおもしろかったからDVDに収録すればいいのにね。
このツアーのDVDはさいスパで収録したみたいですよ。ま、会場の設備的に予想どおりですが。
この場にいた人だけのお楽しみでもいいけど、石川県までは来られなかった人もたくさんいただろうからなんとかできればいいのにね。
こういうときは、teっちゃんの「集客力のある東京でライヴをする」という意見もわかる気がしますが、別に地方でファイナルをやってもいいじゃん!たまには地方にもいい思いをさせてくれよ!とも思う。どっちやねんという感じですが(苦笑)。
次のアルバムの初回盤特典DVDにジレンマ後をノーカットで収録すればいいよ。売れるよ、きっと(笑)。
[PR]
by szkhkty | 2007-06-20 19:32 | ライヴ