以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

変態じゃないよ、そういうジャンルなんだってば。(改訂版)

↓の歌詞はBuzyの鯨でした。Tこさん、ありがとう!←ここで言うな(笑)
ていうか、晴一君だよね(←作詞者)。この曲、女の子アイドルグループのデビュー曲のはずなのですが、すごい歌詞(「大人になる罪 老けていく罰」)歌わせてるよね。

すごい歌詞といえば、スガシカオ。←え
FUNK FIRE TOUR '07@Zepp Sapporoに行ってきました。
実は、自分のチケが↑のツアーなのかひとり股旅、じゃなくて(それは民生)、Hitori Sugarのなのか数日前までよくわかってませんでした(爆)。そして、今日の午後にはじめて彼のオフィサイトを見て今日がライヴベストアルバムの発売日だということを知りました(更爆)。ライヴベストアルバムを出すことは知ってました。おもしろMC集が付くとかきいたことがあったので(笑)。でも、自分が行くライヴ当日が発売日だとはね。そして、今回のツアーはいつものバンドメンバーではないらしく。ふーん。ポルノの次のツアーみたいなもの?(笑)

すっごく楽しかったです!
帰りに思わずライヴベストアルバムを買うくらいは楽しかったです(笑)。
でも、個人的にブランクを感じてしまいました。…サビまで曲名を思い出せないことしばしば(苦笑)。「あー、この曲知ってる!てか、好きだったのに曲名が思い出せん!」この手のジレンマはアルバム曲で多かったね…。
実は(というほどでもないけど)、私が彼のファンだったのって10年前なんだよね。デビュー当時からしばらくのあいだ。3rdアルバムくらいまでは初回盤を持っていたけど、しばらく離れてました。ラルクその他に転んだからな(苦笑)。10年たってベスト盤でひさしぶりに聴いて戻ってきたといった感じでしょうか。
ちなみに、山崎まさよしさんも似たような感じで。映画主演とSMAPにセロリを提供したあたりで徐々に離れていきました。世間ではこれで認知されたと思うのですが、その逆を行く私って(苦笑)。なので、彼に関しては、古い曲しかわかりません(爆)。

以下、若干のネタバレあり。
といっても、セットリストはわかりません!↑のようなていたらくですから(苦笑)。
ネタバレでないことといえば。
本日発売のライヴベストアルバムの初回盤ですが、スガさんご本人のおすすめの聴き方は、3枚(ライヴテイク・バンド編、ライヴテイク・ひとり(弾き語り)編、MC編)全部をiPod等に読み込ませて、それをシャッフルで聴くというもの。臨場感が増していいらしいです。「弾き語りでしっとりとした曲の直後に「はい、と言ったわけで〜」と場違いのしゃべりになって、ほんと面白いから!」だそうです(笑)。あとでためしてみます。



いつもの、1段高いPA横に陣取る。
視界良好。音響的にもよかった。
入場したときはまだ前方もわりと空いていてもっと前にも行けたのだけど、様子見なのでいいのです。600番台でこれくらいなのか。へえ。と何か企み中(笑)。
客層は、あきらかに高い(爆)。20代後半から30代で、40代と(勝手に)思われる人たちもたあっくさん。10代から20代前半のコはいなさそう。とライヴ前は思ってました。

ライヴスタート。
A,Bブロックはノリがいいですね。やっぱり、若者は前方にいるのかなとこのとき思いました。FC枠だろうなあという印象。

スガさん登場。
私、彼がハンドマイクで歌うのをはじめて観ました(笑)。そして、前方に乗り出してきてキャアキャア言われまくり。へええー、そういうノリなのか(笑)。
で、これがサビまで曲名を思い出せなかった曲のひとつで(苦笑)。何だっけ?と悶々としていると、サビでわかりました。バクダンジュースだ!サビの歌詞は「バクダンジュース」(爆)。

その後、ギターを弾きはじめてどんどん曲を演奏していきます。
流れがいいですね。で、ファンキーな曲ばかりなのでいい気分。最初のMCで、「よくわからないまま連れてこられた人はすみません。FUNK FIREなので、今日のセットリストにバラードはありません!」と言ってました。

なかなか曲名が思い出せないことも多かったのですが、すぐにわかったものももちろんありますよ(笑)。
リンゴ・ジュースが聴けてよかったです。好きなんだよね。SMAPヴァージョン(夜空ノムコウのカップリング曲)よりもグッと大人っぽくて(歌詞も若干違います)、こっちのが好き。
イントロで即「あ、黄金の月だ!」と思いましたが、これってバラードじゃないんだ、と思いました。てことは、あまい果実とかもバラードじゃないんだなと思ったら、その後演奏しました。
で、黄金の月ですが。つい先日HDDの整理をしていて僕らの音楽もチラッと観たばっかりだったので、生で本物が聴けてうれしかったです。や、別に昭仁君がどうのというわけではないですよ?
イジメテミタイのコール&レスポンスはちょっと恥ずかしかったです。
きゃっ☆←は?

MCですが。
当然、ライヴベストアルバムのCMをすることは忘れずに。
そして、「MCの才能も曲を作るのと同じくらいあるけど」と言い切ってました(笑)。
元々ノリはよかったと思うのですが、途中で異常に盛り上がってしまって、思わず「なんか、ラストっぽく盛り上がっちゃったよねえ(笑)」と言ってました。
あとは、「すごく楽しくて、やる曲がなくなっていくのがさびしい」といったことも言ってましたね。普段を知らないので何とも言えないのですが、すごーく楽しそうでした。
ラスト前のMCで、「今日は本当に楽しかった」といったことを言っていてうちらは大盛り上がりだったのですが、その前に言ったことはもし私が該当者だったらちょっとショックかもなと思いました。んーと、acid@高知(愛媛?)かどっかみたいな感じ?(苦笑)具体的な内容は伏せておきます…。

ラストは、午後のパレード。
実は、ライヴ前にはじめて振り付け動画を見てびっくりしたわけで。なんじゃこりゃ?すげー難しそう!これに比べたら、m-FLOODなんて簡単ですね!(苦笑)
というわけで、サビでいっせいにあの振り付けがはじまったらどうしようと思ったのですが、ふつーでした(爆)。ライヴハウスでは無理か。でも、あの手をひらひらさせるところだけはAブロックでやっている人は若干いましたね。

で、これで終了、のはずでした。ちなみに、午後のパレードはアンコールでやりました。
が、終演のアナウンスが流れても、客電が付きっぱなしでも、SEが流れても、帰るお客さんは少なくてダブルアンコールの拍手と声援が。あのスガさんの雰囲気だと、がんばればありそうだったんだよね。私も様子見。スタッフはアンプの電源を消して片づけに入ってましたが、まだセンターのマイクは置きっぱなしだから大丈夫かなと。いざとなったらスガさんひとりでアコギ1本でできそうだしね(爆)。
観察していると、ギターを片づけていたスタッフの手が止まりました。持って行こうとしていたギターを戻しました。と、アンプの電源ON。キター!アンコールの拍手もさらにヒートアップ!
…出てきたー!
「今回のツアーはダブルアンコールはしないんだけどね。新バンドだから持ち歌が少なくて…春夏秋冬をします。バラードをしないと言っているから、ほかのところには内緒ね(笑)」
と言って、1曲演奏してくれました。粘り勝ち?(笑)でも、うれしそうだったよ?
というわけで、思い出に残るライヴになりました。楽しかったです。


帰宅して。
スガさん、「今日のライヴのこと、ブログに書くから!」と言ってましたが、やっぱり、FC限定コンテンツなんですね…。残念。
[PR]
by szkhkty | 2007-10-10 23:01 | ライヴ