以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

笑撃のステージ

BaseBallBear@札幌ペニーレーン24に行ってきました。

以前からなんとなく気になっていて、ちょうどライヴ当日が休みになったので一般発売後にチケットを取ってみました。

音源はひとつも持っていなくてCSでPVを観たことがあるくらいだったのですが、知らない曲でも楽しめました。
ギターロックバンドというイメージがあったのですが、小出君がコードを弾いて湯浅君がリフを弾いたりして、音に厚みが持たせられるところがトライセラにない強みかなと思いました。3ピースバンドじゃない(専属ギタリストがいる)バンドのヴォーカルがギターソロを弾くのをはじめて観たかも。
そして、ヴォーカルとギターが向かい合ってギターを弾いているところを私が見るのも珍しいような気が。私が行くバンドって、たいていヴォーカルとベースが向かい合うことが多いのよね。ラルクはそうだし、ポルノはヴォーカルとギターが向かい合うなんて気持ち悪くてありえないし(←え)、トライセラは3ピースだし。かろうじてアジカンくらい?でも、個々に演奏しているか全員で向かい合っているイメージ。逆に、BBBはベースと向かい合えないよねえ。女の子だし(苦笑)。関根ちゃんはここはというところではドラムと向き合っていることが多かったです。リズム隊でがってむ。

演奏以外では。
私は勝手に小出君を変人だと思っていたのですが、まあ間違ってなかったなと。←え
おもしろいねー。仕切り役?MCなのかコントなのかよくわからない部分もあり(笑)。
堀之内君はクッシーの真似をしてくれました(爆)。誰の情報?(笑)あ、クッシーは屈斜路湖の未確認生物(?)です。
関根ちゃんはグッズ紹介と告知等をしてMCも披露しました。まったり系(笑)。かわいこちゃん。
で、特記すべきは湯浅君(爆)。

8年前のジグTETSUと、7年前のポルノ・アキヒトをはじめてライヴで観たときに匹敵する、いや、それ以上のインパクトだったかも!…かも!(笑)

その前の小出君とのMCでは、華麗に小出君の質問を無視しつづけて「すみませんでした」を連発していたかと思えば、ある曲のイントロでギターをはずしてタンバリンを振り回しながら激しくダンシング!そういうキャラ?(笑)かなーりノリノリで踊りまくってました。このまま1曲ギタリストじゃなくてダンサーに徹していたらどうしようかと思いましたが、ギターを構えてから曲がはじまりました。よかった(笑)。なんていうか、キャラがつかめなくて面白かったです。

アンコールは、お客さんのリクエストに応えるという形でした。
そういうのもたぶんはじめてだったのでびっくりしたけど面白かったです。

そんなわけで、ひさしぶりに若者のライヴに行ってとっても楽しかったです。
最近、30代後半とか40代のおっさんばっかりだったからさ…。
以前、彼らはトライセラあてのメッセージで、自分たちがコピーしていたトライセラと一緒にステージに立つことができるようになったように、いつか自分たちをコピーしていたというバンドに出会えるようにがんばるみたいなことを言ってましたが、彼らのライヴを観た中高生でバンドやってみたいなと思った人やコピーしてみたいなと思ったバンド小僧はいるんじゃないかなと思いました。女の子も関根ちゃんを見て「私もできるかも」と思えるよね。なんか、楽しげだった。
[PR]
by szkhkty | 2007-10-15 01:34 | ライヴ