以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

前人未踏のハイゼップ 本編

やっと本編スタート(苦笑)。
ネタバレあり。セットリストは12/2 up分参照のこと。
あ、このセットリストは自前です(笑)。メモした文字が意外と汚くて困りました。おかしいなあ、今回はきちんと書いたつもりだったのに。



OP SEが「ロックバンドがやってきた」なのは予想どおり。
ツアータイトルの元にもなっているくらいだからね。

メンバー登場。
おおっ、よく見えるのう。と言いつつ、どんな格好だったかはっきりと覚えていないのですが(爆)。
たしか、岡野君は白シャツに黒っぽいロングマフラーに黒っぽいパンツで、新藤君は白地のTシャツの中に七分袖の黒っぽいTシャツを着てジーンズをロールアップで穿いて(って言い方でいいの?)赤いスニーカー(?)を履いてました。とにかく、赤い靴は目立ってた!(笑)
前日はハットをかぶっていた晴一君ですが、本日は以前の髪を下ろした感じ(でわかる?)でなかなかよかったです。って、変わってなかったらごめんなさい(苦笑)。昭仁君は…前日にあれだけ間近で見たのに痩せたかどうか全然わからなかったくらいなのでさっぱり(酷)。あ、髪が短くなってた!ような気がする(苦笑)。ロザリオを付けてましたね。

この流れで、Please say yes,yes,yes。
アルバムどおりの流れですんなり入り込めたし、みんなでClapしたりして盛り上がってつかみはおっけー!という感じでしたが、個人的にはもっと盛り上がったところで聴きたかったなと。この曲好きなんで。「え、もう?」と思いましたから。

一発目のMC。
たぶん、最前列付近のセンターと上手側中間付近にいるコに向かって、「あのう…、あなた、大丈夫?はじまってからずーっと泣いとるけど…。だ、大丈夫!(ニコッ)」。
えーと、たぶん、あなたが話しかけて笑いかけたらもっと泣いちゃうと思うんですけど昭仁さん(笑)。
てか、

乙女だ!

やっぱり乙女がいるよ!(爆笑)

ヴォーカルマジックってすごいなー(感心)。
ライヴハウスだからみんながよく見えると言いつつ、2階席は1階スタンディングの密集度に比べて物足りなさも感じるかもしれないけど盛り上がってくださいみたいなことを言ってたので、2階席だけでアピール(笑)。や、ここでも十分近いんで盛り上がれますよ。

メリッサのイントロのベースはグッと大人っぽかったです。
当たり前か(笑)。

Light and Shadowのサビは、予想どおりなワイパー。
はじめて聴いたときからこうなるだろうなと思ってました…。←やってない人

リンクがはじまったときの歓声は大きかったですね。
よく考えたら、やっと生で聴けたという人も多いよね。私は…6回目?おかしいなあ、そんなにライヴに行ってないと思っているのに(苦笑)。

ここのMCは全然覚えてません(爆)。
教えてくれたら思い出すだろうけど。やべー…。

「ミュージック・アワー ビタスイ様ver.」と勝手に書いてますが、以前、サーフミュージックっぽいアレンジにしたのってビタスイでだったよね?74ersだっけ?(忘)
変な踊りは両手ヴァージョンでよろしくおねがいします(笑)。

ウォーカー、農夫と赤いスカーフは、じっくりと聴かせてくれる感じ。

ここのMCは、次の曲の前フリ。
すぐに、「あ、次はそらいろね」と思いました。本編終了曲かなと思ってましたが、中間に持ってきましたね。

空蝉は、私は意外とノリにくかったです。
アップテンポ部分ね。まわりの手拍子と私の動き(ノリ)が合わなくてさあ…。しっとり部分は音源とは違ってやや声を張り気味。当たり前か(笑)。

ここのMCは前日のAAAの話を。
「観に行った人おるの?(はーい!と手を挙げる人がちらほら。私もね笑)今日は関東から来たの?近いからなあ…」と言ってました。私も一応関東から来ましたけどね。その前に北海道から関東に来たけど(爆)。
そのままふつーに話している昭仁君に向かって、「ところで、AAAってどういうものか説明したの?そっからはじめんと」とダメ出しする晴一君。「あ、そっか」と素直な昭仁君。その後、「だから、○○って何か説明したの?」「あ、そっか」とくり返し。何このコント(笑)。
で、ひとつの楽屋に出演者全員が集まるから緊張するけど、大泉君だけは気さくに話しかけてきてくれてうれしかったみたいなことを言っていて。でも、そのときの格好が80年代風アイドルっぽい衣装なんだけどねと説明してウケてましたが…、あれは実物を見ているほうがウケますね!(笑)
ほかの出演者の話もしていて、晴一君が「柳沢慎吾さんもいたんだけど、わしらは途中で出てきたから観られなかった。あの「ウーウー(パトカーの真似)」とか生で観たかったなあ」と言っていて。面白かったですよー(笑)。

晴一君に「何、MC締めようとしとる?(笑)」と言われつつもまだうだうだ話していた昭仁君ですが、「そんな、バラエティ豊かな出演者が出ていたAAAに昨日出まして…」(「はっ!」と何かひらめいた様子)「いいMCの流れができた。今日のライヴもバラエティ豊かにお送りしようと思ってます!」(←得意気)と、次の曲の説明開始(笑)。
「次にやるのは自分らの曲ではないのですが、作曲は本間昭光、作詞は新藤晴一」と言った時点でピンときました。Buzyの曲をやるのかな?

で、鯨。
おおっ、まさか、昭仁君ヴァージョンの歌が聴けるとはね。そんなに女の子女の子した歌詞じゃないからそれほど違和感はないですね。それと、この元歌を聴くとどうしてもギターソロは晴一君が弾いているところを思い浮かべてしまっていたのですが、聴けてよかったです。
曲がはじまるときにけっこう歓声が上がったので、みなさん意外と元歌も聴いているのかな?

My 80'sは、本間さんがおちゃめでした(笑)。
そういえば、この曲のときの松永さんを見るのを忘れてました。どういうドラムを叩くのかなと思って。

鉄槌は、予想どおりアレンジを変えてきました。
音のない森やTwilight,トワイライトみたいな感じ。ああいうアレンジができるのはこの曲くらいかなと思って。いい雰囲気でしたが、ライヴハウスでやるには長いかなとも思ったり(苦笑)。

MCというか、煽りかな?
まだまだいくでー!みたいな感じ。

で、ジョバイロですか(苦笑)。
ガッと盛り上がる曲調ではないよね(笑)。えーと、この曲で「嗚呼、そういえばNAOTOさんがいないんだった…」としょぼんとしたことは内緒。

ROLLとネオメロドラマティックは私はやや懐かしく感じました。

マシンガントークでコール&レスポンス。
てか、このコール&レスポンス部分というかサビ部分のノリ方が7年前と変わったなと思いました。…古すぎですかそうですか。

ベアーズで本編終了。
盛り上げて終わるのね?SWITCHみたいなものか。

アンコール。
のMC前にずっとにやにやしていたのですが、何かあったの?
みなさんグッズTを着て登場。えーと、ふたりが何を着ていたかはさっぱり覚えてません!(爆)本間さんがラグラン長袖Tだったのは覚えてます。←そこ?(笑)

あなたがここにいたらも予想どおりやね。
って、何でもお見通しか(笑)。

ここでメンバー紹介。
んー、わりとあっさりだったような気が。人数も少ないしまだツアーメンバーとしては慣れていないからかな?

ラスト、ジレンマ。
ここまでは大きな失敗もなくうまいことやったなと思っていたのですよ。なのに…、

最後の最後で歌詞がボロボロじゃないですか昭仁さん!(笑)

慣れている分、いちど間違えると修正がきかないんだろうなあ(苦笑)。
三点倒立をして挽回してました(?)。

終了後も、サポメンとはまだ握手でした。
その後、ハイタッチ。ハグするまでには至っていないらしい(苦笑)。
ふたりになって、二手に分かれて手を振り振り。
これが、ライヴハウスで狭いから時間がかからないのよね(笑)。ちゃんと2階席にも手を振ってくれました。晴一君が「2階も!」と言って(バッチリ聞こえました)こちらを見て手を振ってくれたときは大いに盛り上がりました(笑)。
生声は声を張ることなく。えーと、何を言ってたかは覚えてません!そればっかり。

2時間20分くらいで終了。
15分くらい押したから、実際は2時間そこそこかな?彼らにしては短めかと。ま、最後のお客さんへの挨拶が短めで済むからかと(笑)。

うーん、いつもの「気心の知れたサポメンと楽しく演奏する」というライヴとは雰囲気が違いましたね。
先輩の胸を借りるといった感じ。ふたりが「若く」感じました。実際にサポメンとは年の差があるので若いのだけど、年齢ではなく経験というか。でも、シンプルな編成なのでバンドっぽいです。

演奏以外では。
とにかく、暑い!
ライヴハウスだから当たり前なんだけどさ(苦笑)。長袖Tを着ていたけど、半袖でいいかと。
晴一君がしきりに腕で額(顔)の汗を拭っていたのが気になって。MCでも「みんなの汗(の熱気)でギターがズルズル(で困る)」と言ってましたけどね。
ライヴ中に水分補給できるようにしておいたほうがいいかと。

終演後、となりのふたり組に声をかけてみました。
「あのう、その(ファー)リストバンド、暑くないですか?」
ずっと気になっていたのよね(笑)。見るからに暑苦しそうだけど、実際のところはどうなのかと思って。
「暑いです!」「けっこう汗かきます」
とのお答え。ありがとうございました(笑)。

そして、2階の扉から出ると、女の子がうずくまってました。
大丈夫かー!(爆)
身支度しながら様子をみていると、ふらふらと立ち上がって手すりに寄りかかりながら階段を下りていきます。危なっかしいなあ。1階に降りるとまたぐったり。「スタッフを呼びましょうか?」と声をかけると「大丈夫です」とのお答え。ちっとも大丈夫そうには見えないよ?でも、過換気はおこしてなさそうだし一過性の虚血だと思うので少し休めば大丈夫だろうとその場を去りました。水でもあげようかと思ったけど、見ず知らずの人の飲みかけの水は嫌かもと思ってやめました。
スタッフに引き渡したほうがよかったかなとちょっと心残り…。

オチは、外に出て歩いていると、小雨が降ってきました。
ちっ、雨バンドめ(笑)。

…と、ここまで書いて気づいたこと。

セットリストにハネウマライダーが抜けてる!

どこでやったかなあ(忘)。
中盤から終盤にかけてだと思う。ハネウマのあと、昭仁君がしきりに目の前を手で払っていて。どうも、会場中でタオルを振り回したので埃が舞って視界が靄がかかっているようになっているらしい(爆)。どんだけー!
[PR]
by szkhkty | 2007-12-04 23:28 | ライヴ