以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ウキウキ(改訂版)

1/13 L'Arc~en~Ciel@大阪城ホールに行ってきました。

昨日とはうって変わってアリーナ席前方どセンター。
すっごく近くてよく見えました。が…、席に着いたときのうちらの会話。
「かぶる?」「や、大丈夫。ちょっとずれるから」「よかったあ」
…ユッキーがhyde君にかぶらないか心配するうちら。言い換えると、hyde君が邪魔でユッキーが見えなくならないか心配するうちら。9割5分様に失礼ですよ!(笑)

以下、ネタバレあり。



時系列はめちゃめちゃでどの曲でのことかすっかり忘れてます(苦笑)。
思い出したらその都度こっそり改訂するかも。

まず最初に思ったこと。
うさぎさんがよく見える!(≧▽≦)←そこ?
hyde君は今日もガラガラ声。「大阪大丈夫か?」って、お前がな!(笑)
今日は何だかビラビラ王子様な衣装。昨日書き忘れましたが、髪がナチュラルに戻っていて、こっちのほうがいいよ、うん。
その代わり、リーダーのエクステがすごいことになってました(爆)。ポインセチアな孔雀って感じ(何)。
kenちゃんは…、間近で見たら「ボリュームたっぷり!」って感じでした(爆)。肉厚というかパンパンというか。「男の人でも太ももに肉が付くんだねえ」
ユッキーは、パンクで見たときは「細っ!薄っ!」と思いましたけど。

kenちゃんのMC。
「みんな何の話が聴きたいの?万歩計?万歩計は飽きた(笑)」「本当に忙しい(働いている)のかマネージャーに付けさせたら、俺の1.5倍カウントしてました(苦笑)」「ドラゴンボールのキャラでは誰が好き?フュージョンしてる?」「次はyukihiro大先生の曲で、俺らが休んでいるときに働いてもらいました。ラッキー。おかげですごくかっこいい曲ができました」「みんなユッキーの声聴きたいよね?」ユッキーニコニコ。ドラムセット下にいたhyde君がユッキーに自分のマイクを渡す。グッジョブ、kenちゃん!hyde君!(≧▽≦)「えー…、ふゅーじょん(照笑)」「お前ら、せっかくユッキーがフュージョンしてくれたのに、せんとあかんやろ!(笑)」

デイブレは、特にyukihiro viewでした。
ほんと、鬼ドラムやな(笑)。で、イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ→間奏とひととおり満足したところで、ふと「こんなにいい席なのに、一応デストなのに、今週行ったライヴ6日間ともヴォーカルを無視し続けていいものだろうか」と思って、9割5分様を見ることに(笑)。
と、終盤でひとりだけ先に曲が終わってしまったhyde君(←歌い間違えた)。こちらが「あっ、間違えた!」と思って右手で口を押さえたら、少し遅れて本人も気づいて「はあああーーー!」という表情をして(それまではかっこつけてます)うつむいて両手で口元を押さえて後退り。はずかしくなって一瞬うしろを向いたときにユッキーに微笑まれたらしい(笑)。ちょっとかわいいと思いました(笑)。ステージに近いとこういうのが肉眼で全部見えていいですね。スクリーンにはどう映っていたのかな?ちなみに、となりのA音ちゃんもこのときすぐに気づいてバンザイしてました(笑)。

次の曲はALONE EN LA VIDAだっけ?
とにかく、マジなバラード曲だったので引きずらないか心配しましたが、切り替えてまたかっこつけてました。←こら

砂時計のあの暗い照明は、昨日遠くから見てレーザー光線の演出がわかって納得できましたが、それにしても暗すぎ。
ユッキーが亡霊化してますから。

海辺も凝った演出かもしれないけど、あの曲は途中の楽器隊がユニゾンで演奏しているところをきちんと見たかったなあと。
なんていうか、ヴォーカルをフューチャーしすぎ。かっこいい曲なのにな。

本編終盤かアンコール後かのアップテンポな曲で。
Linkかレディステかなあ?ハガレン曲。
kenちゃんが上手側のお客さんたちと楽しそうにフュージョンしてました(笑)。
kenちゃんがノリノリでニコニコしながらセンターへ。こちらもニコニコ。ユッキーのほうを向いて(ということは、うちらにお尻を向けて)ガシガシ弾いていると、上手側から来たhyde君がお尻をペロン。というか持ち上げ。kenちゃんはいやんと苦笑い。
kenちゃんが両手を広げて上手側にいたteっちゃんに向かって「おにーさんの胸に飛び込んでおいで!」状態で待ちかまえ。ギター演奏放棄(笑)。teっちゃんは苦笑いして肩(?)をポンと。そこは飛び込まなきゃ!あいかわらずKY。hyde君だったら飛び込むのにねと友人談。そうですね(笑)。
kenちゃんが上手側を向いて弾いていると、hyde君がとことこと近づいてkenちゃんと背中を合わせてもたれて歌ってました。うーん、「理想の身長差のカップル」状態でした(笑)。

パンクでは、teっちゃんが歌詞飛びまくりでした。
そのうしろでは、kenちゃんがあいかわらずバテバテでした(笑)。

Shout〜の火柱、昨日のあの位置(ステージ正面のスタンド席、遠い)でも熱風が来たのですが、今日は「熱っ!」という感じでした。
あぢい。ステージ上は熱波襲来なのでは?(汗)

一旦幕が下りて再び上がって雪の足跡がはじまったとき。
hyde君がそれまで半袖Tシャツの上に着ていた変なベストを脱いでました(笑)。「それ、上にジャケットをはおるときのためのベストじゃね?」とすごーく気になっていたので脱いでくれてよかったです。
そして、はじめて間近で人工雪を見ましたが、降らせ方にムラがありすぎですよ!(笑)
これってどれくらい経費がかかってるのかなあ。これのせいで銀テープがないんだろうなあ。レディステで銀テープが振ってこないのは変な感じ。同じことがメリッサにも言えますが。「人工雪」はめずらしいので、となりのA音ちゃんが「わー、人工雪だあ」と両手を挙げたとき、ステージ上ではhyde君が同じように神ポーズをとっていたらしく。まるでhydeファンみたいですよ!(笑)

最後のMC。
「ただいま。地元ですねえ」と大阪時代ネタ。
バイトの話。teっちゃんはベルト屋でバイトして、kenちゃんも女の子だらけのバイト先で、ふたりは同じ○○でバイトして。「tetsuと同じバイト先のほうがいいのかなと思って」とkenちゃん。「ふたりともおしゃれなバイト先で女の子がいて。俺なんて、工場でおばちゃんしかいなくて。だんだん「おばちゃんでもいいかな」とか思ったり」とhyde君。「何かいいんだ?(笑)」と思ったら、teっちゃんが同じこと(「何がええの?(笑)」)をhyde君に訊いてました(笑)。

と、ここまではダラダラと前の後輩3人組がふつーにしゃべっていて。
お客さんが「ユッキーは?」と言うと、「yukihiro大先輩はもうバリバリ現役で俺ら聴いてたっちゅーねん。「こんなバンドいるんやあ」って。(その頃は)ジキル…でしたよね?」とhyde君がユッキーに振ると、ユッキーは笑ってコクンとうなづいて。なんか、急にyukihiroさんに対して敬語なんですが、hydeさん(笑)。でもね、お客さんは、時系列のできごとを訊きたかったわけではなく、ふつーにユッキーのバイト歴が訊きたかったんだと思いますよ?(苦笑)

「無理矢理年末気分にして…Hurry Xmas!」
昨日書き忘れましたが、年が明けてもハリクリ終わりなんね?変えてくると思っていたので意外でした。映像や演出ができあがっているから変えるわけないかとあとで思いましたが。「年中でも悪くはないね」と歌っているので開き直りですか?(笑)ちょっと季節はずれ感はありますが、いっつもラルクのライヴはヴォーカルさんの趣味によりバラード終わりと決まっていたので、ポップな曲で終わるのはめずらしいし楽しくていいですね。個人的にはライヴはアップテンポな曲でガッと盛り上がって終わりたいので、今回のラストはまあ好きです。

アリーナ席前方どセンターで観て思ったこと。

やっぱり、間近で観るとすっごく楽しい!(≧▽≦)←単純

つまらなくてどうしようかと思った→まあ大丈夫だった→やっと全体像が見えてすっきりした、ときた私の今回のツアーの感想でしたが、やっと「楽しかった!」と言えてよかったです。

そして、

hyde君、めっちゃ元気やん(爆)。

心配して損した。←こら
んー、やっぱりはじめはダメダメなのだけど、だんだん調子が上がっていっている、昔のスロースターターな感じに戻ったような気が。
本調子ではなさそう。のどはやられてるんだろうなあ。でも、加湿器をそんなに「ここはジャングルか?」というくらいにかけてますけど、タバコをやめればいいんじゃね?というのがうちらの意見(爆)。今は冬ですよ?あなた、そんなにのどが強くないですよね?ヴォーカルの自覚を持ちましょうよ。←鬼 や、私だけの意見じゃないんで(^^ゞ Zepp6daysとか本当にできるの?とか思ったり(苦笑)。

次は、福岡でお会いしましょう。
1か月おあずけですね。

そだ。

…ライヴ6連チャン、乗り切ったどー!(笑)
[PR]
by szkhkty | 2008-01-14 10:49 | ライヴ