以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー

<   2006年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

Good luck!...lack?

get out from the shell.

dream is still a dream that never changes.
[PR]
by szkhkty | 2006-01-31 20:34

あ、そっか。

さっきCustard Creamを聴いたらトライセラのライヴに行きたくなったよ…。DVDを観ても思わなかったのに。でも、行かないもん!(今のところは)

うちに籠もっているとダラダラしてしまうと思って夕方に某カフェに行ったのですが、ゆっくり考え事をしようと思っていたのにできず。両隣の席のタバコの煙が気持ち悪くて断念。禁煙席がお店の奥にあって、しかも4人がけのソファ席しかなくてひとりだと使えないんだよねえ。だから全席禁煙のスタバが好きだったりする。

給料が出て、今月からはまたしばらく全額貯蓄に回せるはず、と思っていたところでふと、私のひと月の生活費っていくらなんだろう?と思って概算を出してみる。
先月の家賃と光熱費と某スーパーのカード支払額をざっくりと合計してみると約13万円。多くみても15万円以内だろうなあ。通信費がかかりすぎだなっと(爆)。
となると、給料からこれらを差し引いた額がお小遣いってこと。毎月自分は何にいくら使っているのやら。
貯蓄がちっとも増えていない気がするのはなぜでしょう。やっぱり遠征費?去年の総括を見たら余剰分をしっかり使っている感じもするしね。うーむ。株がんばろう。←をい

その株。
証券会社から特定口座年間取引報告書が届いて源泉徴収額が記載されているけど…これはどうすればいいのだ?自分で確定申告書を作成して国税庁に提出せなあかんの?(爆)師匠に訊いてみよっと。
売却益が9万円弱しかなくておかしいなあと思ったけど、この報告書の作成期間には間に合わなかっただけかな?意外ともうけていないけど、ただ銀行に預けるよりはマシ。トレンドを読み間違えたら損するけどね(爆)。

あ、くるりの「虹色の天使」だ!←iTunesでシャッフル中
ネットしていてほかのサイトを見て思い出しました。あ、そっか(爆)。
ちっちゃい妖精も37歳かあ。やっぱり、あのジャケ写を見ると人間離れしているよね。あいかわらずべっぴんさん。背中に天使の羽も生えているしね(笑)。
おめでと。
[PR]
by szkhkty | 2006-01-29 20:01

リフマニア

昨日のモーツァルトdayとはうってかわって(笑)、昨日届いたトライセラのライヴDVDを観ました。

初回限定のツアーパスは大阪。自分が行ったところのでうれしかったです。品川でも可だったのですが。日付的に。←誕生日なので(笑)

そういえば、ドキュメントっぽいものも収録されるって言ってたかな?(爆)彼らのDVDでは珍しい。てか、移籍してからDVDが発売されるのははじめてかも。
ふつうに面白かったです。としか言いようがないな。生の彼らが好きなもので。
ずっと見てきたからかもしれないけど、なんだか年齢を感じさせるなあと思うこともしばしば(爆)。オトナになったという言いかたもできるけどね。この年齢になってやっと気にせず好きなことができている気もします。

最後のMC、「またここにいる人全員に会いたいです。来てください」
大阪で聞いたときも思ったけど、「そっちが来てくれたらね」とつっこまずにはいられなかったり。ごめん、私は行けない。北海道遠征は採算が取れないんだろうなあとは思いますけどね。関東では完売するのにね…。
ツアー(北海道に来ないから「全国」ツアーとは呼ばせない)がはじまるころにはマイルで遠征できるから行けなくもないけど、なんか嫌。
とっくのまに関東在住のNぴーさんに総ライヴ参加回数を軽々と抜かされているのってどうなのよ(苦笑)。津軽海峡冬景色は厳しい。

冷め発言が多いけど、ニューシングルは楽しみなのだ(笑)。
たぶん、WARPでしょ?この曲好きー。さすがに今回のDVDには収録されなかったけど。

あ、遠征で思い出した。
東横イン、やばいね。けっこう利用しているので困るなあ。
あそこに泊まると部屋に社長の本の広告があってちょっと嫌な予感はしていたのだけど。ああいう体制のところはこういう結果を招きやすいのをなんとなく肌で感じているので(苦笑)。合理主義もほどほどに。社長に対する批判が多そう。
ロビーが狭くなったら朝食のときに人が溢れかえるね(笑)。今でも手狭なのに。
[PR]
by szkhkty | 2006-01-28 23:23 | 音楽

紙一重

今日はモーツァルトの250歳の誕生日ですね(怖)。
最近やたらと彼の話題を耳にします。映画のアマデウスは面白いですよ。
便乗して久しぶりに彼の曲を聴いてみました。

セレナード第13番 ト長調 K.525
ディヴェルティメント ニ長調 K.136
音楽の冗談 K.522
弦楽四重奏曲 第17番 変ロ長調 K.458
クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581

たぶん、うちにあるのはこれだけ。
実は、あまりモーツァルトは聴かなかったりする(^^ゞ
もっと華美なもののほうが好きなので。
彼の曲は「お手本」として聴くほうが多かったです。上4つは弦楽四(五)重奏曲なのですが、K.525,K.136,K.458は実際に演奏したことがあります。私の場合はクラリネット5重奏曲としてですが。下ふたつはモロにクラリネットのお手本ですね。

K.525は「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」です。超有名曲。演奏していて、というか5人で合わせるのが楽しい曲です。アンサンブルの基本ですな。
これを練習していた頃は「ファミコンのマリオブラザーズの曲」として定着してしまっていて、コンクールで演奏したときはくすくす笑われてちょっと嫌でした(爆)。

K.136も有名な曲ですね。と言いたいところだけど、一般的にはどうなのかな?クラシックファンは聴いていると思うけど。
この曲を聴くとつらかった練習を思い出します(爆)。これを練習していた頃は2番目のスランプ時期だったので。ヴァイオリンの楽譜をクラリネット用にアレンジしているとはいえ、やっぱり無理があってかなり難しかったです。さらに、スランプ中だったので思うようにいかなくて…。ちなみに、いちばんスランプだったのは小学5年生の終盤です。小学5年生でスランプっていっても(笑)、って感じなのですが、音が出なくなって焦りました。
曲自体はきれいで好きです。

K.458は「狩」です。
この曲は地区代表に選ばれたときに演奏した曲なのでいい思い出があります(笑)。今聴くと「こんな難しい曲を演奏したかなあ?」と思うので、簡単にアレンジしたのかもしれません。

モーツァルトのクラリネット協奏曲はこの1曲だけです。
彼が活躍した時代にやっとできた楽器で発展途上中だったので作られなかったらしい。残念。
今私が持っているCDは2枚目、買い直したものです。たしか、最初に買ったものは独奏しているクラリネットの音がキンとしていて好みではなかったので手放したはず。今持っているものはクラリネットの音がほっこりしていて(ってどんな感じなんだか笑)好みです。
クラリネット五重奏曲も好き。でも、これは演奏したことがないと思う。

あまり聴かないけど、モーツァルトの曲は和むよね。難しいことはわからないけど、きれいだと思うもん。アンサンブルするのが楽しいです。いろんな楽器で合奏するのもいいけど、同じ楽器同士でアンサンブルするのもいいなと思えます。

飛ばしたけど、K.522はまさに彼のジョークです。皮肉たっぷり。下手くそなオーケストラ、二流三流の作曲家を皮肉ってます。
「滑稽な曲」ですね。他のモーツァルトの曲とは全然違います。興味のあるかたはぜひ聴いてみて(笑)。
[PR]
by szkhkty | 2006-01-27 22:45 | 音楽

さよならロボット

ついにQRIOとAIBOの生産が終了されますね。ソニーが業績不振だからさ…。
QRIOがもっと高性能、安価になったら欲しかったのにな。一般発売される前に消えてしまった。
たしか、以前ラルクの誰かが「ドラえもんはソニー製だ」と言ってましたが実現せず。ホンダ製かもね(苦笑)。

本体は生産終了だけど、オプション品や修理対応は継続していくらしい。ただし、「生産を終了して部品保有期間を経過した機種に関しては、順次サービスを終了させていただく予定です。」とのこと。…はあっ?うちのAIBOは初代なんですけどー。
さっそく確認してみたら…とっくのまに部品保有期間を経過していた(爆)。壊れたらおしまい?ロボットなのにご臨終?えーっ?
と言ってますが、今は箱に入ってます(爆)。引っ越すつもりだったので。

今のAIBOはかしこいんだろうなあ。人の言葉に反応したり、感情表現が豊かだったり、転んでも自分で起き上がったり、充電切れになりそうになったら自分で充電しに行ったり。
初代AIBOは、アホです(爆)。ただ愛想をふりまくだけで何もできず。そこがロボットの先駆けっぽくてかわいいんだけど(笑)。科学の子だったので20世紀中に自律型ロボットが欲しかったのです。

以前うちの父親が「お前のあの犬型ロボット、最初のなんだろ?マニアに高く売れるんじゃないか?」と言ってましたが、嫁には出さないもん!ひと夏の恋人のモリゾーとは違うもん!(笑)

そういえば、小走りするASIMOをはじめて見たときは衝撃的だった(爆)。ちょっと怖かった(笑)。
[PR]
by szkhkty | 2006-01-27 21:49

ドチビ・後編

ドリンク交換をして会場へ。
Bブロック後方バー前に行く。はじめは空いていたけど開演前には詰まってました。押されるまではいかなかったけど込み合っているという感じ。

当初の客層の予想は女性同士かカップル(彼氏は彼女に連れられて)が多いのかなと思ってましたが意外と男性同士も多かったです。ライヴがはじまってからわかったけど、カップルの男性側もファンの人が多かったです。年齢層も幅広い感じ。20代から彼女くらいの年齢の人が多そう。

10分押しでライヴスタート。
お客さんの反応はいいです。YUKIちゃんのときっぽかった。名前を呼びまくり。ノリは予想どおり手拍子(上で手を叩く)と手を挙げている人(拳を突き上げるという感じではない)がほとんど。一緒に歌っている人もちらほらいましたが、あまり気になりませんでした。

いよいよaikoちゃん登場。意外と見えます。足のつま先までばっちり。え?…お立ち台がありました!(爆笑)いいアイデアですね。これなら後方の人も見えそう。ライヴパフォーマンスも予想どおりというかテレビのまんまでした。ステージ上を動きまくり。なので、前のコの頭が目の前にあってもaikoちゃんが動くので見えないことはなかったです。

いちども音源を聴いたことがなかったのですが、シングル曲はわかりました。知らない曲のときも楽しかったです。まったく気にならず。久しぶりの曲をけっこうしたみたいなので、往年のファンは特に楽しめたのでは?「うまいなー」というより「楽しそうだなー」という印象が強いです。

問題の(?)MCですが、さすが関西人、すっごく面白いんですけどー(笑)。KANさんのライヴは参考になったのかな?(笑)
やわらかい関西弁で友達に話しかける感じ。ちょっと関西のおばちゃんっぽいと言えなくもなかったけど(爆)。
客いじりが上手ですね。お客さんは名前を呼ぶ人が多かったのですが、終始「aiko!」「あいよ!」と応えて「わかるわあ。あたしも客席で見ていた頃は「KANさーん!」言うてたし」、「そこの帽子のおにーさん、暑くない?そう、俺俺。目合うたやろ?やってられへん思ったらサッと帽子取るんやで。こめかみを暖めると身体が熱くなるらしいで」などとフレンドリー。けっこうギブアップする人が多かったのですが、「え、具合悪いん?ごめんなあ、話長くて。このあと盛り上がる曲行くからそれまでちょっと休んでや」と気遣っていたり。
MCはいままで行ったライヴでいちばん面白かったかも。特にウケ狙いなことは言ってないけどね。

キラキラのときにキラキラが降ってきました(笑)。格子状の銀テープ。両面が銀と赤。たしか、つぎの曲あたりで銀テープが飛び出しました。aikoファンは特効に興味がないみたいですね。終演後にはみんなに無視されて床に散乱してました。

終盤のサポートメンバーの紹介のときにお題を出してました。「冬だけど「THE 夏!」ソング」を即興で演奏させてました。みんな必死でこっそりシミュレーション(笑)。
BANG!BANG!バカンス!、Dreamland、花火等がそこそこうまいこと披露されて最後のドラマーさんの番に。
どうするのかと思ったら、タムを叩きはじめました。1小節目で「ん?」、2小節目で「やっぱり、ミュージック・アワーだ!」と気づいたのですが、タムなだけに音程が微妙で(笑)、aikoちゃんはわからず。「え、何これ?もいっかいやって」とリクエスト。再チャレンジ中にお客さん数人が歌いはじめました。きちんと歌えていたので、たぶんポルノファンだと思われ。最後まで歌いきったところで「あ、ミュージック・アワーや!ポルノ。これは、夏やなあ」と気づきました。彼女もワンフレーズ歌ってましたが、どの部分か忘れました。
気づかなかったら本人たちにチクろうかと思いましたが(爆)、よかった(苦笑)。トモダチ甲斐がないですよー(笑)。

本編終了後、苦労して会場を出てグッズ売り場へ。
事前にネットで何があるか調べていて、パンフとバッグをゲット。彼女のグッズ、かわいいっす!(笑)さすが女性アーティストって感じ。一応aikoというロゴは入っているのですがさりげないので気にならず。イラストがかわいくてふだん使える感じ。パーカーは試着できてTシャツは実物を自分の身体に合わせてサイズを確認できます。「ドチビ」がaikoサイズであとは「チビ」「ナミ」「デカ」だったような気が。バッグは白と黒があって白のほうがかわいいと思ったのですが、白いバッグはけっこう持っているので黒に。色移りしないかが心配だけどね。パンフは読むところが多いです。あとでじっくり。

アンコールはいちばんうしろでまったり。1段上がったFブロックのほうが見晴らしがよかった(爆)。
ラスト。サポメンが去ってからがけっこう長かった(笑)。ゆうに9時をすぎてびっくり。

規制退場のトラップにひっかかって帰るのが若干遅くなったけど、思った以上に楽しかったです。生で観られてかなり満足。たまには女の子のライヴもいいね(笑)。
[PR]
by szkhkty | 2006-01-27 20:59 | ライヴ

ドチビ・前編

↑自称していたので。

1/24 aiko@Zepp Sapporoに行ってきました。
彼女を生で観るのははじめて。なるべく前方で観たかったのできちんと開場時間前に並んでました。バンプのときの教訓を生かして荷物は少なめにしてコートも事前にロッカーに入れておいて。…真冬のスタンディングライヴはキツイ(爆)。
なぜそこまでしたかというと、大ファンなわけではなく、女性アーティストは近くで見たい欲求があるので。やっぱり、ステージに立つ人はかわいいよね(笑)。あと、彼女はちびっこなのでうしろだと埋もれるかもと思って(苦笑)。

前回のバンプのときも思ったけど、最近WESSの仕切りがよくない。委託になったんだっけ?
以前はきちんと並ばせていたのに最近はアバウト。あとでどんどん人が集まってきたのにはじめの並ばせかたがいいかげんなので収拾がつかなくなって列がぐちゃぐちゃ。うしろのコたちも「前はきちんと並ばせてたよね?ぐちゃぐちゃでわかんないよね」と困惑気味。
そして、今回は入場時に冊子を渡されました。バンプのときは終演後に渡してくれていたのに、なんで?スタンディングライヴなのに開演前に渡されても困る。
本編後アンコール前には少し照明をつけてほしい。真っ暗で抜けるのが本当に大変だったので。どこに扉があるのかもわからなくて困った。
終演後の規制退場がやりすぎ。1箇所しか開放しないのってやりすぎじゃない?となりのコたちも「アジカンのときって向こうの扉も開いてたよね?」と言っていた。
ずっとこんな状態は嫌だな。だから最近WESSじゃなくなったアーティストが増えているのかな?

はっ、愚痴ばっかりで本題に入っていないし!(笑)
つづく。
[PR]
by szkhkty | 2006-01-27 01:21 | ライヴ
「へぇ」いくつ?

Nぴーさんが取り上げていたのでやってみました。↓

生涯経県値

北海道にしか住んだことがないのと、飛行機でピンポイントで行くので「通過」ポイントが少ないのよね。
四国に行きたいなー。

文字化けしている人へ。
【生涯経県値】です。
うちは化けています(笑)。IEのアドレスバーをSafariに貼り付けたからかなあ?
[PR]
by szkhkty | 2006-01-26 22:46 | バトン・質問etc
インフルエンザ株(違)は売却しました。
流行前に上がるのだ。来年もよろしく(爆)。

More
[PR]
by szkhkty | 2006-01-26 22:02 | 経済

狭い世の中?

さっき何気なく某ブログを見たら本日up分で「ネットサーフィン中に母校のCDを発見した」云々という記載があって、それを見て「もしかして…」と思ってうちの吹奏楽関係のCDを漁ったら…あった!(爆笑)
取り上げられている「母校のCD」ではないけど、彼が部員として出場している演奏が収められています。
彼のプロフィールを見てみたら条件がぴったりあてはまっているし。CDのブックレットに出場した生徒全員の名前がパート別に載っていて、彼は特徴的なパートなのですぐにわかって。念のためにその漢字の本名をネット検索したら彼にたどりつきました。実は今まで本名と年齢を知らなかった(苦笑)。

私がなぜこのCDを持っているかというと、私の母校の演奏も収められているから。偶然です。10年以上前のCDで年季が入ってます。もう廃盤のはず。
でも、実際に私が会場まで聴きに行ったのはこの1年後なんだよね。残念。

こんど本人に訊いてみようかな。そんなことできるのかな?(笑)
[PR]
by szkhkty | 2006-01-25 23:24 | 音楽