以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ちゃんぽん

某具沢山のカップめんのちゃんぽん好きー。
でもいつもあるわけじゃないのが残念。
で、音楽のちゃんぽん。

オレンジレンジのドラマーさんが腱鞘炎でしばらく活動休止。その間はサポートドラマーで乗り切るらしい。
この人、かわいらしい笑顔でにこにこしながら叩くなあと思っていたけど、実は大変だったのね。
彼のファンも多そうだから、心中お察しします。
これから夏フェスにたくさん出るのにねえ。北海道のFMラジオ局ふたつとプロモーター合同主催のイベントにも出るし。
これ、珍しいイベントだなと思って。競合するラジオ局が協力していて。しかも出演アーティストがわりと豪華。なぜか九州・沖縄地方出身に偏っているのが笑えるけど。
腱鞘炎はドラマーの職業病。ユッキーも気をつけてね。ま、以前ツアー前に遊んでいて腕折っていたけどな!(爆)
kenちゃんもね。kenちゃんのほうがしんどそう。…本職はギタリストなのに(笑)。

Yahoo!ミュージックに「ジャンヌダルク「7年目の大ブレイク」の理由」が載っていた。
彼らほど本当に遅咲きバンドは珍しいのでは?地元凱旋の大阪城ホール満員は本当にすごい。うれしかっただろうなあ。
私の「いちどライヴに行ってみたいバンド」トップ3に入っていたけど、徐々にチケが取りづらくなっていたのとライヴハウスからホールになってややテンションが落ちたのでまだ実行していません。
今回の札幌公演も市民会館なのでとりあえずWESS先行はスルー。この会場は前方に妙な空きスペースがあってテンションが上がらずあまり好きではないので。それに、これ以上8月にライヴの予定は入れられない。

この記事を読んでいて急にポルノグラフィティの名前が挙がっていてドキッとしたけど、内容にうなずけるところも多い。同感。Yきだがジャンヌ好きなのってそういう理由もあるのかなあ?なんて(笑)。
「同じくファン層ががらりと世代交代を遂げて第2のピークを迎えてる~」と書いてあるけど…正直に言わせてもらうとライヴのノリは以前のほうが好きだった。
手拍子がどうにもこうにも苦手なので。実際に私はやってません。ハコライヴだった頃が懐かしい。
とか言ったらteっちゃんにつっこまれる?ポルノとは関係ないけど(苦笑)。
広島から帰ってきてから「Let's go to the answer」を聴くとさらにグッとくるようになってしまった。
晴一君、責任取ってよ(笑)。…これ、昭仁君の詞曲なんだけどなあ。

KinKiって今はMステでちゃんと歌っているのね?
トークに動揺して歌詞間違えて苦笑いしていたから。しかもその動揺が相方さんにも伝染ってましたね。最後の決めポーズのときにはふたりでぺこぺこ謝っていて。はけるときもじゃれて(?)ました。なんだか珍しいものを見ました(笑)。
そういえば、中島美嘉ちゃんが「NANA starring MIKA NAKASHIMA」名義でシングルを出すという話が出たときに、私はトラジ・ハイジを思い出しましたが何か?(爆)
HYDEが楽曲提供ねえ。teっちゃんかわいそう。あんなに好き好きアピールしているのにイマイチ話題に上がらず(爆笑)。

来週月曜日のRの公開生放送に行きたい。アジカンが出るのだ。人多そう。
翌日のライヴも楽しみ。1か月ってあっというまだなあ。

で、サイコ・ル・シェイムのDAISHIはシロ?クロ?
この手の話題はやりきれない気分になる。いちど巻き込まれたから。
[PR]
by szkhkty | 2005-06-10 21:33 | 音楽