以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

のだめ

カンタービレって、私はマンガを読んだことがないのになんで知ってるんだろう?と思っていたのですが、関連CDが出るのですね。たぶんどこかでその情報を見ていたのでしょう。

本日の音ログはクラシックオンリー。
コメントに「バンド好き」と書いておきながら(笑)。

★ストラヴィンスキー…バレエ音楽「春の祭典」
★リムスキー・コルサコフ…交響組曲「シェエラザード」
★ラヴェル…バレエ音楽「ダフニスとクロエ」
★ファリャ…バレエ音楽「三角帽子」
★ホルスト…組曲「惑星」
★ドビュッシー…「海-3つの交響的スケッチ」
★レスピーギ…交響詩「ローマの祭り」

すべてシャルル・デュトワ指揮・モントリオール交響楽団演奏。
日本語でも英語でもないから何が何やら。
ホルストの惑星だけカラヤン指揮・ベルリンフィル演奏になっていますが、データベースの間違い。
ついでに言えば、ドビュッシーの海のジャケットも間違い。再販ヴァージョンかな?私の持っているものは海の写真。

シャルル・デュトワ指揮のモントリオール交響楽団が大好きでした。
なので、カナダ(のモントリオール)に行きたかったし(今でもふつうに行きたいけど)フランス語も勉強しようと思ったくらい。モントリオールはフランス語圏。
来日公演をしたときは行きたかったのですが行けませんでした。…当時はそこまでお金を出せなかった(爆)。
↑にホルストの惑星のデータベースが間違っていると書いてますが、カラヤン指揮・ベルリンフィル演奏のも聴いたことはあります。でも、正直言ってあまり好きではないです。テンポが遅めでちょっと…。
その後たしかN響の音楽監督をしていたような気が。その頃にはすっかりクラシックから離れていたので疎いです。

それにしても、このCDってほとんど約20年前の'80年代のものなのに、よくデータベースにあるなあ。びっくり。
もちろん買ったのは発売されてだいぶたってからですよ。

クラシックを聴くと学生時代を思い出します。
うふふ(何)。

そういえば、最近所さんの番組のおかげで吹奏楽部がクローズアップされてよかったですね。以前はマイナーな部活だったのに。
野球は国民行事と化した甲子園、サッカーやバレーもテレビ中継されて合唱でさえコンクールがNHKで放送されるというのに、吹奏楽は朝日新聞社が主催なのでかろうじて紙面に載るくらいだったのですが。

あの番組をあまり観ていないのですが、ちらっと観ただけでも私が学生時代に普門館常連校だった学校があいかわらず強豪校でびっくりしました。
いちばんびっくりしたのは大阪淀川工業高校の大部分の人がそれまで初心者だったこと。ここは本当に上手なので小中学校からの経験者ばかりだと思ってました。
実はHどんの住所をはじめてきいたときにまずこの高校を思い出しました。「淀川だ!」と。

私は普門館のステージに立ったことがあります。初出場。
実際に行ったときに思ったありきたりな感想、「わー、本物の普門館だ!」(笑)。
テレビで紹介されていたのかはわかりませんが、あそこは床が絨毯張りなので少し歩きにくくて、私は思いっきり転んで擦りむきました(爆)。しばらく「普門館の傷」とか言っていたような気が。
今年は改装のため会場が移転されたらしいですね。それって大ショックだろうな、と。
高校野球に例えると「今年は甲子園が改築中だから広島市民球場でやるからね」と言われているようなものです(笑)。
「えーっ?!今年は「めざせ甲子園!」じゃないの?」って、ありえない。

私ははじめて普門館に行ったときに「大人になって就職したら観客としてまた来よう」と思って、実際就職1年目に行きました。はじめて自分ですべて旅行の手配をして行きました。
たしかコンクールのチケットは吹奏楽連盟に直接為替か何かを送って申し込みした気がします。これが入手困難で。取れても立ち見の可能性があるので(全自由席ですが)開場時間のだいぶ前から並んで。
今思えばよくやったなあと。初志貫徹。
[PR]
by szkhkty | 2005-10-21 23:15 | 音楽