以前のブログタイトルで検索されるので暫定的にローマ字表記にしました


by szkhkty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:ライヴ( 184 )

純情息子

くるりのライヴに行ってきました。

思ったとおり楽しかったです。
まったり聴かせるところあり踊らせるところあり。
Bブロック2列目センター付近ででまったり観てました。
1曲もまともに聴いたことがなかったけど、そんなの気にならずに楽しめて満足。
テレビ等でちょっとだけ聴いていいなと思っていた曲はほとんど聴けたかな?もちろんタイトルは知らないのだけど(爆)。
期間限定キャンペーン(値下げ)中なので、今リリースされているものでいちばん新しいアルバムを買いました。
来週発売のニューアルバムも買おうかな。何気に自分の誕生日にリリース。
岸田さんって面白いね(笑)。あんな人だったのか。
入場時に赤い電車をもらいました。京急とのコラボらしい。赤い電車の箱の中にキャンディが入っています。
でも、みんな思ったこと。「これ、うぜえ(爆)。今いらない」
ハコライヴなのに、ちょっと邪魔。

あー、アジカンのライヴに行きたい!
なんか、岸田さんを見ていると、ね(笑)。
ちなみに彼はnotメガネ君でした。
[PR]
by szkhkty | 2005-11-18 23:23 | ライヴ

WARPした?

(≧▽≦)

トライセラのライヴがいちばん好みで楽しいと再認識。…えーっ?とか言われそうですが。
気心の知れたハコライヴという点では断トツ。
久しぶりに飛び跳ねすぎてぐったり(^_^;)
新曲ヤバすぎ。
何なの?最近AWAKEしようだとかSWITCH入れたいだとかWARPさせたいだとか。うっかり感動するっちゅーねん(笑)。

あとはつれづれに。

More
[PR]
by szkhkty | 2005-11-17 23:20 | ライヴ

前半戦→後半戦変更箇所

ネタバレ。
でも、私が行ったのって前半戦も後半戦も1箇所だけなので、これがすべてではないと思いますよ。参考程度にどうぞ。










便宜上、後半戦→前半戦で。前半戦のOP SEは覚えていません。

Na Na Naサマーガール→Ouch!!
Prison Mansion→メリッサ(プッシュプレイとミュージック・アワーの間に移動)
DON'T CALL ME CRAZY→n.t.
Free and Freedom→ヴィンテージ
ジョバイロ→黄昏ロマンス(初日はシスター)

社員 On The Beachは沖縄公演のみらしいけど、未確認。夏フェスも?
[PR]
by szkhkty | 2005-10-28 21:41 | ライヴ

GLAY5人目のメンバー

「ポルノ(のファン)は、チケットがなくて探してる子よりチケットを持っていてもっと前の座席を欲しがる子がほとんどなんだよね。おねーさんもそうでしょ?(←違うよ)」
…どこのバンドのファンもやることは一緒だな(爆)。

ライヴ2日目。
少し早く会場に行って、まずはグッズ先行販売売り場へ。
昨日買ったTシャツがSサイズを頼んだのにうちに帰って見たらMサイズだったので交換してもらおうと思って。
喉が痛くて声が出にくいのと口で説明するのが面倒だったのでメモに書いて渡しました。
「昨日Sサイズを頼みましたが、うちに帰って見たらMサイズでした。その場で信用して確認しなかったこちらも悪いのですが、できれば交換してほしいです。未開封です」
快く交換してくれました。ほっ。
でも、もしかして口のきけない人だと思われていたかもしれません…。
口パクで「すみません」と話しかけて「ありがとうございました」と言ったので。
わかってもらえるようにオーバーアクションで。
妙に優しかったんだよなあ…。
まいっか。

開場前に私の前に並んでいた女性の会話。
「私、Na Na Naサマーガール覚えてない。1曲目だったらどうしよう」
…その「どうしよう」ですけど?とうしろからツッコミたくなったのを我慢(笑)。

本日は昨日よりちょっとだけうしろの下手側の座席。
真っ正面で誰かにかぶるということがなく、かえって見やすかったです。

セットリストは昨日とまったく同じ(爆)。
衣装もたぶん同じ。昭仁君の靴が違う気もするけど、自信なし。

MCは晴一君が函館でGLAY記念館に行った話。
「あそこ、入るのに1500円するんよ」
「えっ?高っ」
「サブちゃんの記念館と併設されていて、「どっちに入ろっかなあ。両方入ると3000円かかるし」…って迷ってけっきょく「やっぱりここはGLAY兄さんにしとこっ」と思って」
「一応そこは悩んだんだ(笑)」
「ホント、GLAYだらけなの。全部言えるかわからんけど…TAKURO!HISASHI!…TERU!…えっとぉ、JIRO!(←客が教えていた爆)」
「そりゃそうじゃろ。そこにL'Arc〜en〜Cielがおったらおかしいし」
…いきなり名前が出てきてびっくりしました。
なんとなく略さずに呼んでくれてうれしかったり。
やっぱり世間的にはGLAYとくればラルクなのかなあ?と思った瞬間でした。
晴一君は唯一写真撮影ができる4人のメンバーのパネルの横に立って5人目のメンバーになりきって写真を撮ったそうな。
あとは建物(看板?)の前でTERUになりきってポーズをとって写真を撮ったり。
「いつもお前が真似しているみたいに」と晴一君が言って客に「やってー!」と言われてTERUの物真似をする昭仁君。
「わし、よう知らんし。やったことないし」と言いつつもまあそこそこ似ていたかな?(笑)
歌真似ではなく歌っているしぐさです。
その写真、見たいかも。それより、GLAYのメンバーに見せてほしい(笑)。リアクションが知りたい。
てか、ふつうこういうときってまずヴォーカルの名前を挙げるよね?ギタリストふたりから挙げる時点でこの人もギタリストだなあと思いました。

ライヴは昨日よりは集中して観るようにしました。
「何度も」の途中でいきなりフッと落ちました。ストンときました。
「うわー、歌うめーっ」(爆)。
なんで?

と、まあ感動もしていたわけですが、同時にうしろのコが昭仁君がこちらに来たときにふと「かっこいい…」と吐息まじりにつぶやいたときに「え、どのあたりが?」と心の中でツッコミを入れていたり。
嗚呼、ファンのみなさん、すみませんっ!私、ツッコミ体質なんです!(笑)

そうだ、ジャニーズノリの人がいました!(笑)
メリッサのときに、私の前の人が明らかにノリノリになっていて、「タタン(手拍子)、フー!(ジャンプ)」といった感じで動きが激しくなり。
すごくはしゃいで目立っていたので昭仁君も気づいて明らかにこちら(前の人たち)をぢーっと見て指さしてました。
これって、ジャニノリでしょ?(笑)

今日は歌詞間違えていないなあ、と思ったらアンコール1曲目の新曲で間違えました。
コーラスの晴一君はちゃんと歌っていたのでそちらをちらっと見てカンニングしてました。

そういえば、昭仁君がオーケストラピットに飛び降りるのに若干着地に失敗してよろけていたのよね。
そのあともふつうにしていたけど、大丈夫だったのかな?と思いました。
ライヴ中って興奮しているから怪我しても気づかないことがあるので。
北海道厚生年金会館といえば、以前GのHとかいう人がステージから落ちて某所に運ばれてましたから。
「へぇ、厚生年金会館でそんなことがあったのか。………はあっ?(爆笑)」

最後の晴一君の「札幌に住みたい」というひとことを聞いて、アンガールズの某携帯電話CMのネタを思い出しました(笑)。
あ、アンガールズのポルノネタって見たことないや。

ま、楽しかったです。他のお客さんも満足しているっぽい。
昨日に引き続き介助犬育成基金の募金箱に募金をして帰宅。

さ、次はトライセラ♪(をい)
[PR]
by szkhkty | 2005-10-27 23:45 | ライヴ

お久しぶりです!

と言われましても、私はせいぜい沖縄以来3か月ぶりだったり(爆)。

振り返り。
10/26の座席は今回のツアーではいちばんいい場所のはずだけど、はじまるまでは全然テンションが上がらなくて。一応数日前に自分が行った広島2日目のセットリストどおりに曲を聴いたりしたのだけど。音ログに残ってますが。

ぼけーっとしているとメンバー登場。
あ、この座席晴一君真っ正面じゃん。本当に真っ正面すぎてキレイに前の人で隠れます(爆)。でも、この人背が高くてよかったよ、頭は見えるもん(笑)。ま、少しずれたらちゃんと見えましたけど。
久しぶりにメンバーの頭から足先までキレイに見える場所でした。
1曲目は季節感無視しすぎな曲なのと北海道のライヴが久しぶりすぎるせいもあると思うけど、若干お互い堅さがみられました。
でも、2曲目でヴォーカルさんがぴょこぴょこ踊り出してからはそれもほぐれた感じ。
この曲で早々に晴一君がオーケストラピットに降りて客席ギリギリまで来ました。
オーケストラピットのせいで遠く感じるし実際アーティスト側もやりづらいらしいけど、降りてくるとかなり近いです。最前列なら1mくらい?
間近で見ると「背高いなー」と思いましたね。けっこう指がキレイだった。←そこかよ
でも、北海道だからなのかポルノファンだからなのかわからないけど、みんなきちんとしてましたね。どっかのラーとかいうバンドのファンみたいにステージ前に駆け出さない(笑)。

MCは…いっつも飛行機の話をしているような気が。
函館から札幌に来るのに晴一君はプロペラ機で45分で来て、昭仁君は飛行機が大っ嫌いなので3時間半かけてでもJRで来たらしい。
私はアキヒト派ですね。プロペラ機なんて絶対嫌っ!たとえ丘珠空港という利便性があったとしても。
実際すごく揺れたらしいし。怖いよう。晴一君は熟睡していて知らないらしいが(爆)。
私、もともとは飛行機嫌いだったんですけどね。でも、さすがに遠征三昧で慣れましたが(笑)。
アーティストもツアーで慣れないのかなあ?
でも、この人ならどうせグリーン車で快適でしょ?私でさえグリーン車に乗るし(笑)。
私の場合はリッチなわけではなくヘタレだから。耐えられない。「俺たちもう(車内で)眠れねーんだよ!(by 大泉洋)」どうでしょう状態なので(苦笑)。
オチがきまらずにぐたぐたしゃべって、オチっぽいところまでやり直してから本来の(?)MCをして「暴れましょう!盛り上がっていきましょう!」と言って演奏再開。
…で、東京ランドスケープってさあ、どうすればいいの?(爆)
たしか、hyde君もツアーのときにこの手の煽りをして拍子抜けしたんだよねえ(笑)。
「この曲でどう暴れろと?」

あとは、やっぱり新曲はカップリング曲のほうが好きですね(笑)。
ヴォーカルもあいかわらずうまくてよかったですけど、ギターもよかったです。こっちのほうが見てました。
目の前ってのもあるし2日目は下手側ってのもあるし。
やっぱりこの人を見ているとギター弾きたくなるなあ、なぜか。なんか、いい。自分でも理由はわからないけど。
アンケートにも書きましたが、プッシュプレイのときはハルイチviewです。
すごく楽しそうで、いいです。
そういう個人的にピンポイントで必ず見るのってありますね。
接吻のくねくね踊るhyde君とかMy Dearの手持ち無沙汰なkenちゃんとかLinkのくるくるトントンteっちゃんとか(笑)。ユッキーは挙げきれない。

メンバー紹介のときに、まずサポートメンバー全員を紹介し終わって「以上です!」と言ったら客席から「ええーっ!」とブーイングが起こって昭仁君がマジでびっくりしてました。「えっ?なんで?」とサポートメンバーを数えなおして「何、何?」と。どうも、お客さんは彼が晴一君のことをスルーしたと思ったらしく。
「えっ、これから「次はPorno Graffittiを紹介します。まずはギター、ハルイチ!」ってはじめからやろうと思っていたけど?マジで今までのライヴでいちばんびっくりした」と言ってました。かわいそうに…(笑)。
晴一君が昭仁君を紹介しようと思ったときに照明がやや落ちて「以上です!…あ、ごめんよ!君のことを忘れてた。みんなのことを紹介してくれたのに。岡野君、2時間以上一生懸命歌っていたのに忘れてごめんよ?」とか小芝居をしてから紹介してました。
「何、今の照明?ノッてみたけど(笑)。こんなに舞台仕立てにするはずじゃなかったんだけど」
…北海道厚生年金会館ですから(何)。

最後はいつものジレンマ。ラーさんとは逆で最後に盛り上げまくってライヴが終わります。
そして、全員並んでご挨拶。
まずはステージ前に並んで、でも「違うよね?」と首をかしげてけっきょくオーケストラピットに降りて客席ギリギリまで来てペコリ。
かなり近い。
サポートメンバーがはけてからふたりは左右に動いて手を振りまくり。最前列の人には手をささっと払って触ってましたね。ずっと何か話していたり。
いつもの生声ひとことコメントでおしまい。

終演後ロビーに出る前に私のうしろにいた女の子たち(つまり座席は私より前)の会話。
「近かったねー」
「けっこう顔デカかった」
「相対的にそう見えるんじゃない?」
「背も低かった。FCUW(ライヴハウスイベント)のときは思わなかったけど」
「意外とちっちゃかったね」
…昭仁君のことです(爆)。乙女がひとり現実に戻ったらしい。
そりゃあ、隣の晴一君に比べたらねえ。この人、すっごく背が高くて細かった(そう見えた)。

このライヴでいちばん面白かった瞬間だった(こら)。

帰宅してから今の「水曜どうでしょう」を観ましたが、彼らも観たのかな?
この番組って今でもローカル番組だよね?
…水中ではエキサイティングしているのかもしれないけど、水上は地味ですってば(笑)。
[PR]
by szkhkty | 2005-10-27 12:06 | ライヴ
私は2日目(爆)。どよーん。

終演後にまずしたことはアンケート記入。
本当は書く気なかったのですが、どうしてももの申したいことがあってその場で出したかったので(できれば翌日に改善してほしかったので)ささっと書きました。

質問★今日のライヴの感想を聞かせてもらえたら嬉しいんじゃけど…
答え★ネオメロのときの火薬の硝煙がキツイ。臭い。喉イタイ。Twilight,〜のときのドライアイスが寒い(←気温が下がるという意味の)。息苦しくなる。

…と、これだけだと酷い人になるので(笑)「前半戦のとき(広島2日目)とセットリストが変わっていて楽しめました」と付け加えておきました。
でも、うちに帰ってからセットリストを比較したらそんなに変わらなかったかも(爆)。
既存曲が新曲と入れ替わっただけで全体の流れはそれほど変化はなく。メリッサが冒頭付近から後半の盛り上がり部分に移動したくらい。
座席を記入する欄があったのでステージから近い人の苦悩(?)はわかっていただけたかと。
てか、ステージ上の人はつらくなかったのかな?SMILE代々木のユッキー状態では?ホント、もくもくだったよ?(笑)

言いたかったことはこれだけなので、このまま出そうかと思ったのですが、他の質問に答えていなくてあまりにも空白が多かったのでもうひとつの質問にも答えることに。

質問★今日のライヴでグッと来た所があれば、聞かせてもらえん?
答え★プッシュプレイのギターーーー。

おわり。
…2時間以上聴いてこれだけかよ!というツッコミはなしで(笑)。
だってさー、広島のときはけっこう感動して、沖縄のときは会場中が浮かれていたけど、今日のはそういうものはなく。ふつうに楽しかったですけど。自分の地元で観られるうれしさはあったし。今回ラルクもトライセラもアジカンも(これは仕方ないけど)北海道に来ないし。

どちらにしても、「わしらのライヴ、今日で何回目かいねぇ?→11回以上」「わしら、FCがあるんじゃけど…→すでに会員じゃわ」と書いている人の答えとは思えませんな(笑)。
や、いいことは乙女たちがびっしり書いているはずだから、こういうのも必要ですよ、とか言ってみたり。

長くなりそうなので、つづく。
[PR]
by szkhkty | 2005-10-27 10:56 | ライヴ
思いっきりセットリストネタバレ↓










〜OP SE(稲妻サンダー99)〜
Na Na Naサマーガール
ラスト オブ ヒーロー
Prison Mansion
…MC…
東京ランドスケープ
DON'T CALL ME CRAZY
Free and Freedom
アゲハ蝶
…MC…
何度も
Twilight,トワイライト
うたかた
ROLL
ドリーマー
プッシュプレイ
メリッサ
(Century Loversイントロ→)ミュージック・アワー
ネオメロドラマティック
Let's Go To The Answer
We Love Us

〜En〜
…MC…
ジョバイロ
…MC…
ジレンマ
[PR]
by szkhkty | 2005-10-26 22:34 | ライヴ

くうちゃん

某チワワでも某セクシー女性歌手でもありません。
10/5にLive&Bar 札幌くうに行ってきました。
トラフォの桐嶋君のソロ活動。

何気なくネットしていて何気なくくうのサイトを見たら見たことがある名前が載っていたので興味本位でチケを取ってみました。
このくうはいちど行ってみたくて。酒飲みながらまったりと生演奏を聴けるのですよ!
素晴らしい!(笑)ぱちぱちぱち。
3000円で1ドリンク付き。ますますいい!(笑)

実は、実際にライヴがはじまるまでどんなライヴになるのかさっぱりわかりませんでした。
一応ネットで検索してみたけど、ギターの松田さんとピアノ(キーボード)の加藤さんの素性がわかったくらい。
誰が主役なのかもわからなくて(爆)。桐嶋君のソロ活動なのか、ギターとピアノのユニットにゲストヴォーカルが入っているのか。
正解は前者。
しかも、札幌が初日らしく、あとは東京と名古屋。
こんな変則的なツアーなのは松田さんが札幌出身で加藤さんが名古屋出身だからかな?

座席は自由。ところどころにテーブルがあります。
白ワインを受け取って最前列へ。空いていたので。
意外と客が少なくてちょっとびっくりしました。もっとトラフォファンが来ると思っていたので。かなりおいしいシチュエーションだと思うけど、平日の札幌に来るのは厳しいのかな?
すぐ目の前にはグランドピアノ。段差のあるステージなんてありません。ちょっと色分けされているくらい。
アーティストとの距離は1〜2m以内。この前のライヴは東京ドーム2階席だったのでギャップがすごい。(苦笑)。

酒飲んでまったりしているといよいよ開演。
といっても、奥の控え室からふつうに客の前(間)を通って出てきます。
少し遅れて桐嶋君登場。でも静か(笑)。
客もアーティストも慣れていなくてお互い緊張気味という感じ。
カバー曲やトラフォの曲をアコースティックな感じで演奏していきます。個人的にはノラ・ジョーンズのカバーがよかったです。いい雰囲気。

1曲ごとに曲の説明をしたり、雑談したり。
驚いたのが、桐嶋君の饒舌っぷり。この人、こんなにしゃべるんだ?と思いました。けっこうコミカル。
トラフォはイベントで数回観たことがあるていどなのですが、どんどん曲を演奏してほとんどMCなし、桐嶋君も眼光鋭くクールなイメージだったので。
あとで、トラフォファン(上がりかけているらしいが爆)のYきだにメールしたら「私の知っている直志さんじゃない(笑)」とレスがきたし(笑)。

1部が終わって休憩になると、みんなカウンターに行って追加注文していましたね。酒飲みたくなるもん(笑)。
私はまた白ワインにチーズ盛り合わせ。
実ははじめから頼みたかったのですが、様子見してました。ミックスナッツとかでもよかったのですが、演奏中にポリポリ音がしたら嫌だなと思って避けました。

控え室の隣がトイレで男女兼用、アーティスト・客兼用なのでピアノの加藤さんも並んでました。少し話をしましたが、スリム美人なのに気さくで面白い人でした。
終演後にも並びましたが、桐嶋君が控え室からふつうに出てきて目の前を通ってカウンターにビールを取りに行ったり、とってもまったり(笑)。

2部は少しくだけてきてさらに楽しかったです。トラフォの曲が多かったかな?
曲の説明をしてすぐ目の前で歌って、「これ、トラフォファンならおいしいんだろうなあ」と思いながら聴いてました。
残念ながら、原曲をよく知らないので(ライヴで聴いたことがある曲もあった気がしますが)ありがたみがよくわからず(苦笑)。
アンコールもありました。拍手がよく揃うったら(笑)。

ライヴ後もお店はそのまま営業。
そのまま客込みで打ち上げ会場になることもあるらしい。
松田さんと加藤さんは客と飲んでましたね。
桐嶋君はトーク中に「持ってきたCDを持って帰りたくないからみんなよろしくね。買ってくれた人にはサイン書いちゃうよ」と言っていたので有言実行。売り子と化してました。
せっかくだからお買い上げ。
私の前に並んでいた2人組は東京から来たらしく、同じCDを何枚も持っていたり(特典の関係なのかな?)熱心なファンっぽくて一緒に写メールを撮ってもらってました。
これにもびっくりだけど。撮らせてもいいのか、と。

「実はTHE TRANSFOMERはイベントで何回か観たことがあるだけなのですが、楽しかったしせっかくの機会なので来てみました。楽しかったです」と言うと「そうなんだ、来てくれてうれしいよ。THE TRANSFOMERもよろしくね」と言われました。
「最後に観たのはnilと対バンした大阪ミューズホールですね」「札幌の人?」「はい。札幌、寒いので風邪ひかないように気をつけてくださいね」などなど。
サインをしているときに「名前は?」と訊かれて答えたら「○○○ってキレイな名前だね」と言われました。ファンなら萌えどころだったのだろうなあ、と思いました(笑)。なぜか「○○○っちへ」と書かれてますが(笑)。

並んでいる人もいたので話をしめようとしても「また札幌でやるときはよろしくね」などと話しかけてきて、本当に今までのイメージと違ってびっくり。
「いつものバンドのライヴだと曲をどんどんやってしゃべる機会がないけど、今回はこういうのんびりしたライヴだから今まで言ってなかったこともどんどんしゃべろうと思って」と言っていましたが。
ま、ファンじゃないのでまったく緊張しなかったですね。バンドのライヴ会場でキャーキャー叫んでいた人たちに申し訳ない(苦笑)。

ふと思ったのが、nil哲ソロもこんな感じなのかなあ、と。
こんなにフレンドリー(?)ではなさそうだけど。
hyde君とかは…無理だよね(爆)。以前札幌で似たようなことをしたけど、会場は100人は入れるところだったはず。くうは30人ていどかな。
案外こういう状況だと変に騒ぐ人もいなくてふつうに会話できそうでもあるけど、やっぱり無理?(笑)

グラスワイン2杯だけだけど、けっこういい気分になってました。
また行きたいなあ。
[PR]
by szkhkty | 2005-10-08 01:57 | ライヴ
さっさと渋谷へ。

久しぶりにナン食べたいねー、ということで、マンダラへ。
いちど道を間違えましたがわりとスムーズに行けました。
と思っているのは私だけかもしれないけど。
N姉はマンダラなら一発で行けると思っていたのにいちど間違えたので悔しいらしい。
私はなんど行っているところでも道がずれることはよくあるので平気。間違えたら修正し直すのです。
方向音痴だけど、一応目的地には行けます(笑)。

はじめは混んでいてカウンター席だったけど、すぐに窓際の席に移動できました。
乾杯!
カレーもナンもおいしい。タンドリーチキンも辛すぎずおいしい。

「東京ドーム、楽しかったね。AWAKEよりずっと楽しかった。席や音の条件はAWAKEのほうがずっといいのに」
「期待していなかった分、すごく楽しかった。来てよかった」
「今日のスクリーンの映像、よかった。けっこうユッキーの足下映してたよね?マニア向け?」
などなど。

それからはだんだんと妄想モードに(笑)。
「パンクのときのハンディカメラって各マネージャーだよね?」
「やっぱりユキパンクを撮っていたのってマネAだよね?」
「いっつもyukihiroのそばで撮ってない?」
「きっと「俺様DVD」を作っているんだよ。今までのライヴ全部。昔のビデオはAがDVDに編集済み」
「そして、それを黒い巨塔の「俺様DVD部屋」に保管して、ライブラリー」
「俺部屋にある100インチの液晶テレビで観るんだ」
「うをー!その部屋泊まりてー!」
…妄想するのは自由ですが、暴走しています(笑)。

しばらくヲタトークをしてお開き。
明日はねずみーで社長じゃないジャックに逢いに行くのです。
帰りは半蔵門線も都営三田線も最終電車でした。ギリギリ。
東京だといつまでも電車が動いていると思いがちな北海道人ですが、それぞれ痛い目にあっているので早めの行動を心がけています。
赤坂駅に行きたかったのに電車がなくなり急遽赤坂見附駅まで行って歩いたり、京急羽田大鳥居駅に行きたかったのに電車がなくなり急遽神奈川方面行きの電車に乗ってとりあえずどの電車も絶対止まる京急蒲田駅まで行ってタクシーに乗ってタクシー代を安く上げたり、「ふつう観光客は思い浮かばないよ」というような手段を使います。慣れって恐ろしい。

水道橋駅に着いてから、名残惜しいので東京ドームをぐるりと1周。
撤収作業中でした。中が明るい。
「今日の仮装パーティってどこでやるんだろうね」
「下じゃない?」
「案外東京ドームかもよ?なんたって、麻雀をやるためだけに横浜アリーナを貸し切るような人たちだから」
「大阪城ホールでバーベキューもしているし」
「東京ドームホテルの宴会場とかも怪しいね」
「それ、ウケるー。仮装パーティだからまぎれてもわかんないよね。あっはっは!」
とまたしても妄想(笑)。
オフィサイトに写真が1枚(今のところ)アップされてましたが、あそこってこんな壁だっけ?

正面の看板はまだありました。
誰もいません。終演直後はあんなに人が蠢いていたのに。
気兼ねなく写真を撮りまくる。
「明日早くなければこれから上(アーティストカフェ)で1杯呑んだのにね」と言いつつ部屋に戻りました。

ありがとう、ラルク。
[PR]
by szkhkty | 2005-09-28 23:49 | ライヴ
本日は2階席真っ正面ややteっちゃん寄り。
2階席だけど、障害物がなくなって(昨日はkenちゃんが機材(ライト)で隠れた)むしろ昨日より見やすかったです。そして、ベースの音も気にならず。慣れ?

メンバー登場。
teっちゃんはサングラス。しないほうがいいのに、と思ったのですごく覚えています。
いつのまにかはずしていたけど、ちょっとメイクが濃かったような気が(笑)。目元ぱっちりでかなりかわいかったです。若干萌え(爆)。

セットリストは基本的にあまり変わっていないけど、順番はけっこう違いました。
forbidden loverが入ってLOVE FLIESが抜けました。残念。
AS ONEが聴きたい気分だったのでちょっとうれしかったです。はじめて笑わないでステージを観られました(笑)。
まともにやるとキリッと引き締まる曲ですね。

昨日も気になっていたけど、今日のget out〜のイントロはちょっと間延び感があったような気が。
私は好きなのですが、歌が聴きたい人には退屈らしくて徐々に声援が多くなって台無し。
なんでここでメンバーの名前を連呼するのだろうか。

レディステ走りすぎ。ユッキー…(笑)。
今日も親の敵のように叩いてました。やっぱり好きだなあ、ユキドラム。
…とてもsakuraのドラムが好きで長年ラルクリスナーだった人の意見とは思えませんな(笑)。

アンコール前に、うしろの女の子(をすぎているかも爆)たちが「はっぴばーすでーとぅーゆー×2。はっぴばーすでーでぃあてっちゃーん。はっぴばーすでーとぅーゆー!」と歌い出してましたが、誰も賛同せず無視(爆)。たぶんドーム全体で歌いたかったのだと思うけど、途中で諦めてました。
気持ちはわかるけど、たしかに今日が最終日で約1週間後はteっちゃんの誕生日だけど、ちょっと気が早すぎ(笑)。
そして、ちょっと発音が悪くて「kenちゃん」に聞こえました。状況的にteっちゃんだとは思ったけど、N姉は「なんでkenちゃんの誕生日を偽造しているんだろう」とか思っていたらしいし(笑)。

アンコール、パンク。
カートにピンクのうさぎが乗っています。ぢゃなくて、teっちゃん(笑)。
ピンクのジャケット(?)にピンクのうさ耳。もうすぐ3X歳とは思えないかわいらしさ。似合いすぎですからー。
そのまま歌ってくれるのを期待していたのに、うさ耳はアリーナ後方のファンに投げてました。ちょっと欲しかった(笑)。

「俺たち体力ないから1曲ずつ休ませてもらうぜー!」とhyde君。
かわいくてもやっぱりおっさん(爆)。
milky wayの途中で無理矢理hyde君に歌わせようとするteっちゃん。
タイミング変だよ(笑)。困ってシャウトするhyde君。コーラス歌えてなかったし(笑)。
曲が終わる直前に寝転がるhyde君。そして、そのまま動かず。
ずいぶん寝ているなあ、放心状態ってわけでもないよね?と思ったらのろのろ起き上がって「足がつったぜー!」。
やっぱりおっさんだ(笑)。

うなだれる楽器隊とはうらはらに、ひとりぴょこぴょこ飛び跳ねるteっちゃん。
「おれはいつでもいけるけど、だいじょーぶ?おにーさんたち」と言うteっちゃんに思わず萌え。
そうだね、あなたからすればみんなお兄ちゃんだもんねえ(笑)。
「teっちゃんって、リーダーとしてはしっかりしているけど、やっぱり年下扱いされているよね」というのがうちらの意見。

ユッキーはラルクtetsuばりにくるくる回ることにチャレンジしていましたが、うまくいかずにシールドをひっかけてよろけてキレて引っこ抜いて、挙げ句の果てにマイクスタンドを蹴り倒してました。
もう大騒ぎ(笑)。「あ、キレてる。マイクスタンド蹴るな。あ、やっぱり」と手に取るようにわかって、籠の中の小動物を観察している気分でした(笑)。
どうやら、ピックも落としていたらしいですよ(更笑)。

LNN ニュースは空港や会場でファンに取り囲まれるメンバーの様子をレポート。
飢えた狼の群れの中に迷い込んだ羊のようです。怖いよう。
「メンバーも、このときばかりは一致団結していたようです」という台詞に大ウケ。

Linkの途中でまた「ここで、L'Arc〜en〜Cielのスターティングメンバーを紹介します」とウグイス嬢。
昨日と若干違います。より野球場のアナウンスっぽい。
ユッキーには「自分のかっこいいと思うところは?」との問いにしばし考えた挙げ句「おしり」とのお答え。
「カメラに見せてください」とウグイス嬢。椅子から立ち上がってシャツの裾を上げてぺろんと見せてました。ぺんぺんはせず。「ありがとうございました」
teっちゃんにはいつもどおり。略(爆)。
kenちゃんには「特技、物真似」「お題、金八先生」
「なんですかあ」と髪をかきあげ、「わかんないよ!」とkenちゃん。
「次のお題、アントニオ猪木」
「1、2、3、ダァーッ!」もちろん客もしました。
hyde君には「特技、錬金術」「みんな、わかってるよね?」とhyde君。
ドームだとさらにやりにくいです。でも、本人はご満悦。客電までつけさせる始末。まいっか。
「物真似シリーズ2、お題、ドラえもん」
「ねえねえ、しずかちゃーん」と先代ドラちゃん声で。びみょー(笑)。
「ぼくもうだめだよ。いいだろう、しずかちゃーん」てな感じでどうしても下ネタに走ってしまうヴォーカル(笑)。
「ありがとうございました」

ユッキーのMC、「僕の苦手な時間がやってきました。言うことが思い浮かばないんですけど…、面白いことを言いたいんですけど…、面白味のない人間なんです、僕は」
や、私は観られなかったけど十分楽しげなことをしてくれていたみたいですけど?モリゾーとか王子とか(笑)。
「ラルクに入ってはじめて虹を叩いたのがここで、昨日からガラにもなく感動しています。感動しているということで許してください」
ぱちぱちぱち。

瞳の住人、よかったです。
もう終わるなあ、と自分の中でもカウントダウン。

ラスト、虹。
「このメンバーでここではじめてやった曲で終わりにします。虹」
じーん。
私は虹に特に思い入れはないけど(むしろそれまでとドラムの音質が変わって当時は違和感ありありだった)、昨日も思ったけど、やっぱりこの曲は彼らにとっても特別なのかなあと思ったり。
特に東京ドームで演奏するのはなおさら。
メンバーも丁寧に演奏しているのがわかります。本当に終わっちゃうね。
グッときました。泣けるかも、と思ったのに…。

サイリウムに気を取られてしまった(爆)。
7days同様、注意書きとともにサイリウムが配られました。
「最後の曲でみんなで振ってね。メンバーには内緒だよ!」←こんなに明るくは書いてません(笑)
前回とは違い、数色ランダムに配られました。さすがにドームはキャパが大きいせいか、予算の関係上か、細くてしょぼい(爆)。
そして、今回はみんな注意事項を守って最初から振るアホはあまりいなくて最後にいっせいに光りました。
だけど、効果としてはイマイチ。サイリウムが細くて光が弱いのと、虹はけっこう照明が光る曲なので。あなたならうまくいったと思います。
はじめはみんなに合わせて振っていたのですが、そっちに気を取られて曲に集中できないことに気づいて途中からは手を止めてしまいました。
そうしたら、曲がすっと身体に入ってきました。
…でも、時すでに遅し。
はじめから凝視していればよかったなあ…。

と、ちょっと反省点もあったけど、私にしてはかなり感動して演奏終了。
どのタイミングか忘れたけど、teっちゃんもグッときているように見えました。ユッキーは上を向いて放心状態後にフーッと息をついて、手を振ってから立ち上がって一礼。
hyde君とkenちゃんは軽く声援に応えてさっさと退場。hyde君は投げキッスくらいはしたかも。
teっちゃんはステージ袖にバナナを取りに(笑)。

と、ユッキーがステージ奥ではなくこちらに向かってきます。一礼。
手を上げて声援に応えながら下手へ。花道も上っていきます。
マイクで何か言おうとするも、入っていなくて声が聞こえず。今日の音響スタッフ給料なし。
あとで某ユキマニさんに聞いたけど、初日にteっちゃんも同じようなことをしたらしくて、ユッキーが下手のマイクに向かったときに「それ、音入らないのになあ」と思いながら見ていたらしい(笑)。
諦めて上手に向かう。センター付近でバナナショー中のteっちゃんとすれ違ってバナナ数本を渡されてました。ふたりとも笑顔。
「これ、どうしようかなあ?」とぢっとバナナを見つめてから客席にぽいぽい投げ入れるyukihiroさん。
上手でも一礼。
センターに戻ってきたときに何かしゃべるかな?と思ったけどマイクはスルー。
深々と一礼して高く手を上げてひらひら振って去っていきました。

teっちゃんは恒例だけど(笑)、ユッキーの一連の動きを見ているとグッときました。
本当に終わりなんだなあ。なんだか解散か脱退でもするかのような丁寧さなんですけどー、と寂しくなったり。
うれしい気持ちも大きかったのだけど。「感動している」というのは苦し紛れのMCじゃなくて素直な気持ちだったのかな、と。

リーダーはまだまだショー中(笑)。バナナにチューしまくり。最後は籠も投げておしまい。
「まったねー!」

最後にスクリーンで今後の告知をして本当におしまい。
「ラルク」の予定はなかったけど、ソロでリフレッシュしてまた戻ってこーい!と鮭の稚魚を放流する気分になってました(笑)。
東京ドームは今のラルクのスタート地点ですからね。
[PR]
by szkhkty | 2005-09-28 08:11 | ライヴ